大躍進運動の失敗により、毛沢東の権力基盤が揺らいだ

鍋や釜を鉄の塊に変えるという愚かな作業を農民にさせ、食糧不足なのに穀物を輸出したため、支那全土が飢饉になりました。側近たちはこの失敗を毛沢東に隠していたのですが、ついに隠しきれなくなり、毛沢東も失敗を認め、鉄の塊を作る作業は中止になりました。

大躍進運動は失敗し5000万人が餓死しました。毛沢東は、「共産主義社会の実現は難しく、途中で失敗することもあるさ」という感じで、反省はしませんでした。しかし、党内では毛沢東を批判する声が高まってきました。その代表が劉少奇と鄧小平です。このままでは自分の地位が危ないと思って毛沢東がはじめたのが、文化大革命です。

当時、毛沢東(1893~1976年)の後継者と目されていた者は、劉少奇(1898~1969年)・鄧小平(1903~1997年)・林彪(1907~1971年)の3人でした。劉少奇と鄧小平を排除して林彪を後継者にし、自分の地位の保全を図ったわけです。

なお、周恩来(1898~1976年)は総務がうまいというだけで、国家の主導者にはふさわしくないと考えられていました。また、毛沢東は生前、華国鋒(1921~2008年)を可愛がって後継者にしようとも考えていました。

華国鋒はまだ若かったので、とりあえず林彪を後継者にし、後に華国鋒にバトンタッチさせようとしたらしいのです。しかし、彼には政治的才能がなく毛沢東の死後間もなく失脚しました。実は、彼は毛沢東の私生児でした。そういえば、二人の顔は似ています。

毛沢東

華国鋒

「北朝鮮は共産主義国家なのに、そのトップを世襲している。それに比べると毛沢東は、世襲をしないという共産主義の最後の一線は守った」と、毛沢東を評価する人がいます。しかし実際は、毛沢東は帝位の世襲に失敗しただけなのです。

毛沢東の長男の毛岸英(1922~1950年)は朝鮮戦争で戦死しました。次男の毛岸青(1923~2007年)は子供時代に国民党の警官に殴打されて、精神障害になりました。他にも三番目の妻である賀子珍とのあいだに3人の息子がいましたが、里子に出して行方不明になったり夭逝したりして、後継者にできなかったのです。

以下はひと続きのシリーズです。

3月1日 『毛沢東の私生活』を読みました

3月2日 『毛沢東の私生活』の著者は、特異な育ち方をした

3月3日 李志綏は、嫌々ながら毛沢東の主治医を22年間つとめた

3月4日 李志綏はやはり、その出自から思想的に疑われていた

3月5日 毛沢東は、自分の主治医を選ぶのに、他人任せにしなかった

3月6日 毛沢東は人たらしである

3月7日 毛沢東は、相手の弱点を握って服従させた

3月8日 毛沢東が江青を堕落させた

3月9日 晩年の毛沢東は、パラノイアだった

3月10日 毛沢東は、他人の苦しみを見ても平然としていた

3月11日 支那人は人間関係がすべて

3月12日 毛沢東の死は、政治的な大事件だった

3月13日 毛沢東の女たち

3月14日 毛沢東は、支那がまっとうな共産主義国家であることを証明するために、大躍進運動を始めた

3月15日 大躍進運動が失敗し、5000万人が餓死した

3月16日 大躍進運動の失敗により、毛沢東の権力基盤が揺らいだ

3月17日 毛沢東は文化大革命を始めて、自分の権力を奪還しようとした

3月18日 文化大革命により、多くの人が死に、若者は教育を受けなかった

3月19日 毛沢東は、共産党の官僚たちをやっつけるために軍隊も使った

3月20日 毛沢東は劉少奇と鄧小平を失脚させ、林彪を後継者にした

3月21日 毛沢東と後継者の林彪は、互いに相手を疑って殺そうとした