神は、異教徒を皆殺しにせよ、と命じた

なぜ、ヨーロッパ人たちは平気で現地人を虐殺できたのでしょうか? それはキリスト教の教義と深い関係があります。

第一に旧約聖書には、神が人間に対し、異教徒を皆殺しにするように命令した、という記載がいたるところにあります。だからヨーロッパ人としては、「異教徒を殺して何が悪い」という気持ちがあるわけです。

その一つの例として旧約聖書の「民数記」第31章には次のような記述があります。

「彼ら(イスラエル人)は、主がモーセに命じられたようにミデアン人と戦って、その男子をみな殺した。またイスラエル人はミデアンの女たちとその子供たちを捕虜にし、その家畜と羊の群れと財貨とをことごとく奪い取り、そのすまいのある町々とその部落とをことごとく火で焼いた。こうして彼らはすべて奪ったものを携えて戻ってきた。

モーセは宿営の外に出て迎えたが、軍勢の将たちに対して怒った。「あなたがたは女たちをみな生かしておいたのか。彼らはパラムのはかりごとによって、イスラエルの人々に、ベオルのことで主に罪を犯させ、ついに主の会衆のうちに疫病を起こすに至った。そこで今、この子供たちのうちの男の子をみな殺し、また男と寝て男を知った女をみな殺しなさい。ただしまだ男と寝ず男を知らない娘は、すべてあなたがたのために生かしておきなさい。」

この時期、イスラエル人は神様の命令に従って、敵の民族を男も女も子供も幼児も、さらにはその家畜をも皆殺しにしていました。たまたまミデアン人を打ち破った時、敵となる恐れのある成人男子は皆殺しにしましたが、女と子供は奴隷にしようとして、生かしておいたのです。

イスラエル人の指導者だったモーセは、「神様は皆殺しにせよ、と仰ったではないか」と怒り、女も子供も殺せと命じたのです。ただ兵士たちが不満を持つかもしれないと考え、未婚の娘だけは殺さず男たちの妾にしても良い、と妥協したのです。

コメント

  1. Seizo Hino より:

    キリスト教、ユダヤ教、イスラム教は 排他的一神教で、人種差別、虐殺まで肯定 命令している。 そこには 理由なき白人優先 優秀主義が有り それが 理不尽な 非倫理的な略奪、殺戮、強姦という 野蛮な歴史を生み出し続けている。
    ブッダの悉有仏性を育て、生命を慈しむという 基本的な人間性を育てて行くことが必要だが、先ず バチカンの考えを改めさせることが 必要でしょうが、可能性は有るのでしょうか

    • 市川隆久 より:

      残念ながら、バチカンが考えを改める可能性は少ないと思います。キリスト教を信じていない国々が力を着けてきたことでキリスト教国も以前のような極端なことをしなくなるとは思いますが、基本的な考えは変わらないと思います。
      それは、「イエスキリストを信じれば、人間の心は正しくなる」というのが、キリスト教の最重要教義だからです。これを裏返すと、イエスキリストを信じない者の心は邪悪なままだ、ということになるからです。
      キリスト教は、「修行など不要で、イエスキリストを信じさえすれば良い」と考えます。従って、仏教の僧侶がいくら修行をしたところで、人間性が良くなるとは考えません。この辺の理解が日本人にはできていないようです。

  2. Seizo Hino より:

    それでは、この日本や地球が生き延びて行く方策を教えてください。
    限られた未熟な考えでは、二つの方策があるやに思いますが。
    1。 米国の51番目の州に潜り込み 遠くない未来に日系大統領を選出し 米国民そしてた この プラネット の人々に 不殺生戒(不必要な自然破壊含め)、不偸盗戒、不妄語戒、不貪瞋痴、慈悲喜捨、自分がされては嫌なことは他人にしてはいけない といった基本を教え込み 地球正常化を図る。
    2。多様化に逆行するグロバリゼイション と右肩上がりの経済成長を放棄し、日本は
    率先して 平和だった250年の江戸時代に範を取り 半鎖国に戻り 衣食住の自給自足をはかる。 エネルギーは メタンハイドレート の液化と 水を電磁波分解して得る水素で発電と車などのな燃料を 調達する。 国防のため 核武装して 抑止力を持つとともに、より長期的には 電離層を利用した 電子兵器を世界に先駆け確保して 抑止力を高める。
    以上

    • 市川隆久 より:

      軍事力を増強し、さらにアメリカ人の考え方を変えて日本を生き延びさせようというあなたの考え方は、現実的だと思います。アメリカ人の考え方を変えようとするのであれば、アメリカ人になじみのない仏教を持ち出すよりも、キリスト教によって彼らを説得する方が効率的だと思います。仏教は世界的に見ても、影響力が小さい宗教です。
      アメリカ人やキリスト教徒と話をするときには、キリスト教の教義から出てきたFreedomの考え方を持ち出せば、話が早いと思います。日本人の誠の考え方はFreedomとよく似ているので、日本人が誠の考えに基づいて語れば、相手に通じると思います。

  3. endtimewhisle より:

    気持ちはよく理解出来ます。

    しかし、実は、古代イスラエル人が闘っていた異教の民とは、巨人族です。巨人族とは堕天使(悪霊)と人間のハイブリッドのことです。巨人族はネフィリムが有名ですが、沢山の部族がカナンの地に集まっていました。こういう情報は日本人キリスト教徒に研究する人が少ないので、信者じゃない人にまで広がりません。巨人族というのが存在しており、人間や動物を喰らっていた獰猛な存在でした。人間の中には巨人族を恐れ、人身御供として子供や動物を生贄に捧げていました。だから、根絶やしにする必要があったのです。

    ちなみに、聖書の神は神社の神で、同じ神です。聖書の神は西洋の神ではありません。
    イエス御自身がセム人(東洋人)でした。
    日本語では、ヤーウェ=創造主(国造りの神)。イエスキリスト=天照大御神です(ヨハネ1章)。但し、神・御子・聖霊は、水・氷・水蒸気と同じく、形は変わっても三位一体の存在です。
    https://youtu.be/jUqJEjVciuI

    http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%9F%E8%80%85%E3%81%AF%E7%88%B6%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%9F