神道の言葉も日本語に入っている

仏教的な発想だけでなく、神道の発想も日本語に入り込んでいます。例えば、「春の息吹」「心の触れ合い」「誠」などがそうです。以前、キリスト教と神道の宗教的構造がよく似ているという話をしましたが、「春の息吹」がまさにそれです。

キリスト教の構造というのは、人間とイエス・キリストと神の三角関係です。人間がイエス・キリストを信じると、イエスはその人間を神に推薦します。そうしたら神はその人間に向かって自分の息を吹きかけますが、その息の中に神の魂が含まれています。

キリスト教は、神の息の中に含まれている神の魂を「聖霊」と言っていますが、原語では「息」とか「風」の意味です。息の中に含まれた神の魂が人間の魂に付着して、その人間の魂が強く正しくなるのです。このような人間は正しいことしかしなくなるので、ルールをうるさく言わずその自主性に任せます。これがFreedomの考え方です。

キリスト教と同じ発想が神道にもあります。これが「タマフリ(魂触り)」です。神の魂を自分の魂に付着させて、自分の魂を強く正しくする神事のことです。神道の方がキリスト教よりもう少し発想の幅が広く、人間だけでなく、自然にも神の魂が付着すると考えます。また「カミ」という日本語は、神様以外にも、上司とか主君、スターなど自分より優れている者すべてを指します。

冬になると野山は生命力を失いますが、神が息を吹きかけると野山が神の魂から力を受け取って生き返り、春が来ます。これが春の息吹です。

日本人は「心の触れ合い」という言葉が大好きで、全国いたるところに「触れ合い広場」があります。これは「タマフリの神事」と同じ発想で、互いに尊敬する人の魂を自分の心に付着させ、元気になろうということです。

東北大震災の時、被災者を元気づけようとして、多くのスターやスポーツ選手が被災地を訪れてパーフォーマンスを行いました。これを見た多くの被災者たちは、「元気をもらった」と喜びました。これはまさに、「心の触れ合い」であり「タマフリの神事」と同じです。

神の魂を付着させて自分の魂を強く正しくした者は、自分のことを優先せず仲間のことを考える無私の心境になります。その結果、何が正しいのかという判断ができるようになります。そして正しいことを行うのです。これが誠の考え方で、Freedomとよく似ています。

このように、神道の発想が日本語に入り込んでおり、これによって日本人の行動は知らず知らずのうちに神道的になっています。

多くの企業は、その敷地内や社屋の屋上に神社を祭っています。特に、松下幸之助が起こしたパナソニック(松下電機産業)は、本支店や各地の工場に神社を祀っていました。そして全国にあるこれらの神社を専門に祀る神主が、会社の役員の中にいました。また、松下幸之助は、死後に「松下幸之助社」の祭神に祀られました。

神社は田植え・堤防の修理など村全体の生産活動の中心になっていて、村民の間の共同作業の中心になっていました。一揆を起こすときにも、神様に起請文を書いて村民の団結を図りました。神社とその氏子たちが共同体を作っていたのです。そして共同体の中で自分の役割を果たすという役目の考え方が生まれました。

このような神道の考え方に基づいた共同体の運営の仕方が、そのまま日本の企業の経営に受け継がれています。そもそも日本の企業はその組織に、「本社」「支社」という神社の名称を使っています。

神道用語だけでなく、現在の企業組織の運営の仕方にも神道の信仰が入り込んでいます。なお、労働と神道の結びつきについては、後で詳しく説明しようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする