毛沢東は、支那がまっとうな共産主義国家であることを証明するために、大躍進運動を始めた

毛沢東は権謀術数が大好きで、そういう点では乱世を勝ち抜いた支那の独裁的な皇帝の一人でした。しかしそれだけでなく、毛沢東には共産主義を信奉する思想家という側面もありました。この二つの性格が組み合わされて出てきたのが、大躍進政策です。

ソ連共産党は支那共産党の先輩格で、支那はソ連よりも格下でした。支那の皇帝たる毛沢東はそれが不愉快だったのですが、致し方がありませんでした。

スターリンは独裁者でいわばソ連の皇帝でした。ソ連も支那も共に独裁国家であり、政治体制が似ているので、二つの国はなんとかうまくやっていけたのです。ところがスターリンが死んでフルシチョフがソ連のボスになったのですが、彼はスターリン批判を行い(1956年)、ソ連は集団指導体制になりました。つまり、独裁体制はいけない、ということを世界に向かって宣言したわけです。

毛沢東がソ連の集団指導制を容認するということは、支那の独裁者たる自分の地位の否定することを意味します。毛沢東はソ連の集団指導体制を猛烈に批判し、以後両国の関係はどんどん悪化しました。

そこで毛沢東は、「支那のほうがソ連よりもまともな共産主義国家だ」ということを証明しなければならなくなりました。共産主義は、私有財産を否定し全ての生産設備を国有化する、というのが本筋です。農業も個々の農家の土地を取り上げて、多くの家族が一緒になって集団で行うべきなのです。ソ連はすでにそれをやっていましたが、支那ではまだ個々の農家が農業をやっていました。

そこで毛沢東は、支那でも農業の集団化を行うことにしました。村の農地を全て個人から没収し、村民が共同で農作業をすることにしたのです。これが人民公社です。共産主義理論によれば、農地を国有化すれば農業生産は飛躍的に増えるはずなので、毛沢東は農村の人民公社化を、「大躍進運動」と名付けました。

当時の世界では国力は鉄鋼生産量で量られていました。支那も巨大製鉄所を建設したかったのですが、金も技術もありませんでした。そこで人民公社に小さな製鉄所を建て、鉄鋼の生産量を増やそうとしました。

以下はひと続きのシリーズです。

3月1日 『毛沢東の私生活』を読みました

3月2日 『毛沢東の私生活』の著者は、特異な育ち方をした

3月3日 李志綏は、嫌々ながら毛沢東の主治医を22年間つとめた

3月4日 李志綏はやはり、その出自から思想的に疑われていた

3月5日 毛沢東は、自分の主治医を選ぶのに、他人任せにしなかった

3月6日 毛沢東は人たらしである

3月7日 毛沢東は、相手の弱点を握って服従させた

3月8日 毛沢東が江青を堕落させた

3月9日 晩年の毛沢東は、パラノイアだった

3月10日 毛沢東は、他人の苦しみを見ても平然としていた

3月11日 支那人は人間関係がすべて

3月12日 毛沢東の死は、政治的な大事件だった

3月13日 毛沢東の女たち

3月14日 毛沢東は、支那がまっとうな共産主義国家であることを証明するために、大躍進運動を始めた

3月15日 大躍進運動が失敗し、5000万人が餓死した

3月16日 大躍進運動の失敗により、毛沢東の権力基盤が揺らいだ

3月17日 毛沢東は文化大革命を始めて、自分の権力を奪還しようとした

3月18日 文化大革命により、多くの人が死に、若者は教育を受けなかった

3月19日 毛沢東は、共産党の官僚たちをやっつけるために軍隊も使った

3月20日 毛沢東は劉少奇と鄧小平を失脚させ、林彪を後継者にした

3月21日 毛沢東と後継者の林彪は、互いに相手を疑って殺そうとした