支那人の戦いは、宣伝戦である

支那には、自国民を人質にとって敵と戦うという、他の民族が絶対にまねをできない戦略が伝統的にあります。これをやられたら相手は勝てませんが、この戦略は戦争以外にも応用できます。

かつて支那と東南アジア諸国が外交でもめた時のことですが、支那は東南アジア諸国を、「支那から難民をお前の国に送り込むぞ」と嚇かしたことがありました。普通の国は自国民が難民になったらなんとか助けようとしますが、支那人にはそのような考え方が無く、自国民を鉄砲の弾と同じように考えています。

アメリカと経済的に対立した時にも、この戦略は応用できそうです。アメリカが経済的に激しく支那を締め付けたら、「これによって支那人の半分が餓死するだろう。やるならやってみろ」と嚇かすわけです。

アメリカの大統領が、「本当にやるぞ」と言ったら、支那は金で買ったアメリカのマスメディアや政治家を総動員して、この大統領を非難させるわけです。「大統領は人間7億人を餓死させる政策を平気でやる人物だ」「このような大統領はアメリカの恥である」。この結果アメリカの大統領は、自国民の手でその地位から引きずりおろされる恐れもあります。

支那人の喧嘩というのは、いつもこのパターンです。支那人夫婦が喧嘩をして夫が妻を殴ると、彼女は表に飛び出して隣近所に大声で、夫の悪事をあることないことすべてぶちまけます。まさに宣伝活動によって自分に有利な状況を作り出すのです。支那人とっては武器さえも宣伝材料で、昔の軍閥は音の大きな鉄砲を好みました。

アメリカ側も支那の作戦が分かっているので、なかなか決定的な行動にでることができません。支那と争うということは、GDP・先端技術・戦闘機や核兵器の数などという物量に基づいた戦いだけでなく、心理戦・宣伝戦の要素が大きくなります。

支那人は、他人の命などなんとも思っておらず、自国民を消耗品の兵器としか考えていません。しかし相手国の国民に対しては、金で買ったマスメディアや政治家を通じて、相手国の指導者がいかに「人道や人権に反したことをしているか」を宣伝するのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 日本太郎 より:

    なるほど。逆に言うと、このような専制国家の場合、元首や幹部が住んでいる場所をピンポイント爆撃するぞと脅せば、態度を180度変えそうですね。

    • 市川隆久 より:

      日本太郎さん、おはようございます。まあそうですね。だから支那の大幹部用に非常に頑丈な防空壕があるようです。