新羅は日本にも気を使った

新羅が朝鮮を統一してから22年後の698年に、高句麗の遺民である女真人と沿海州にいた靺鞨(かつまつ)人が連合して、渤海国を建国しました。女真人も靺鞨人も共にツングース系なので、両者は言語的・文化的に近い関係にあります。

渤海国(698年~926年)は、唐の脅威に対抗するために日本に接近し、34回も日本に朝貢しています。新羅も自国の安全保障のために渤海国に接近しました。

新羅は日本にも気を使っています。日本は任那(朝鮮南岸にあった日本領)を少しずつ百済に割譲しました。また新羅も任那を少しづつ略取したので、最終的には任那は消滅してしまいました。しかし百済も新羅も任那が日本に納めていた税金を、代わりに日本に納めていました(任那の調)。百済を滅ぼした後の新羅も、任那の調を日本に払い続けていたのです。

奈良時代の735年(白村江の戦いの72年後)、新羅は日本の許可を得ずに勝手に国号を「王城国」に変えました。これを知った聖武天皇が大いに怒ったので、新羅は新しい国号を撤回しました。

朝鮮半島の面積は、日本の半分ぐらいです。新羅はそのまた半分強と狭いうえに土地は貧しく、雑多な民族の寄り合い所帯なので、そもそも自立ができません。新羅は最初から自立する気がありませんでした。

自ら支那の属国になって保護してもらう戦略を採り、支那文化を大々的に取り入れました。そして、支那の属国という立場を維持しながら、その範囲で他の強国とも良好な関係を保とうとしたのです。

ところが朝鮮が受け入れた儒教は、異民族を極端に軽蔑します。この考えに染まった朝鮮人は、周辺の大国(北方騎馬民族国家や日本)の実力を冷静に分析するという態度を失い、事大主義という硬直したドグマ(教義)に固執するようになっていきました。

事大主義という、主体性がなく、その時々の状況の変化に振り回され、周辺国をも混乱状態に巻き込む愚かな政策を始めたのが新羅なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする