外界で起きていることを人間が理解することは不可能、とハイエクは主張している

われわれ人間は、目や耳から入ってきた外部に関する新たな情報を取り入れて、従来の分類の体系を修正し、いま外界がどうなっているかを認識します。つまり、われわれは外部を直接認識するのではなく、自分の頭の中の体系を外界だと思っているのです。

例えば、大地震により自分の家の敷地の下に新たな活断層が出来たり、モグラがよそから移動してきて敷地内に住み着いたりしたとしても、その事実を知らなければ彼の分類の体系は、修正されません。外界の事実と自分が認識していることは違うのです。

多くの人は、外界と自分が直接に対峙しており、自分は外界から情報を得て、それを直接分析して外界を「客観的」に理解していると考えています。自分と外界の二元論なのです。ところが、ハイエクは、「人間は直接外界を理解できず、自分の頭の中の分類体系を知っているだけだ」と主張しています。

例えば、それまで赤痢にかかったことのない人が東南アジアに行って赤痢を移されたときを想像してください。熱が出て下痢をしますが、その時は風邪を引いたと思うだけでしょう。熱が出て下痢をしたという事実を知っても、自分が赤痢にかかったという認識はできません。

しばらく経って、自分がかつて風邪にかかった時の症状を思い浮かべて、「どうもこれは違う」と風邪の分類には該当しないと感じ、医者に診てもらって初めて、事態を「客観的」に認識できます。彼が自力で、「自分は赤痢にかかった」と事実を認識できるのは、一度赤痢にかかり、頭の中に「赤痢」という分類が生じた後です。

ハイエクが主張しているのは、「自分が理解できるのは、自分の頭の中にある分類体系だけだ」という一元論です。

一般の人だけでなく経済学者も、「外界を観察することにとって、事実を知ることができる」と考えています。しかしハイエクは、それは誤解であり、「人間が外界で起きていることを理解することは不可能だ」と主張しています。そしてハイエクの経済理論は、ここからスタートしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする