朝日新聞は、日本の伝統に立ち返らなければならない

朝日新聞の主張は、大乗仏教の教義から来ています。朝日新聞の記者はそんなことには全く気づいていないと思いますが、それが事実なのです。

仏教の僧侶は本来、家族を捨て、財産と職業を捨て、社会と縁を切って山の中でひっそりと修行すべき者たちです。ところが朝日新聞の記者たちは出家せず、家族を持ち物質的にも社会的にも恵まれた生活を続けながら、出家した僧侶の視点で社会を見て記事を書いています。

「国家は悪いことをする」「日本は戦前、支那や朝鮮で悪いことをした」「外国人と日本人は全く同じだから、差別してはならない」「いかなる理由があっても、戦争はいけない」「ウソも方便である」、と浮世離れしたことばかりを、朝日新聞は記事に書き続けてきました。

それも当然で、浮世(現実社会)は修行の足りない欲望を抑えることのできない者で満ちている、と社会を大乗仏教という色眼鏡を通して見ているからです。

私は阿部総理と個人的な付き合いはありませんが、その言動を見ていると大乗仏教の考え方で現実社会を見てはいないようです。大乗仏教という特殊な宗教の色眼鏡をかけないと、素直に現実を把握できます。

日本の伝統的な考え方は、大乗仏教の教義を現実社会に当てはめることをせずもっぱらあの世のことにのみ適用する、ということです。阿部総理は、この伝統を守っていますが、朝日新聞はこれに反しています。

朝日新聞のことを「反日」と呼ぶ人がいますが、私はそうは思っていません。朝日新聞の記者たちも日本を良くしようという使命感を持っているのでしょう。しかし発想が日本の伝統に反して浮世離れしているために、日本を大きく害しています。

私は、朝日新聞の記者たちが浮世離れした発想から早く卒業し、社会にとって有為な人材に立ち返ることを望んでいます。また森友問題やその他の下らない追及を中止し、憲法によって保証された「請願権」という権利を直視するべきだ、と思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 日本太郎 より:

    武田鉄矢の三枚おろしと言うラジオ番組を聞いていて思ったのですが(この番組で鉄矢さんはさんは様々な分野を学術的に分析していて面白い)、どうも日本人は、如来蔵思想に洗脳されたからと言うわけでもなく、元々「国家は悪いことをする」と言う観念を持っていたのではないかと言う気もします。
    と言うのも、日本の縄文時代は一万五千年くらい続くのですが、その間、余りにも豊かすぎて、政府の必要がなく、精々二千数百年くらい前から、大陸的な統一王朝が生まれ、豊かで平和だった縄文世界に(一方的に戦争に駆り出されたり税金を徴収されて貧困化をもたらすなど)無用な混乱をもたらしたと言う原初の記憶が民族の無意識に脈々と受け継がれているのではなかろうか。
    その民族感情を代弁してくれる思想が如来蔵思想のために、数ある思想の中から如来蔵思想を選択したのかも知れない。
    縄文時代の思想とは自然と個人を区別しない一元論だったようですが、如来蔵思想とは親和性が強い思想だったような気がします。欧米でも、現代文明の起源に繋がるプラトン・アリストテレス思想以前の原初の思想を評価する動きがあり(ハイデッガーの存在論など)
    それは縄文時代の自然一元論の思想と親和性があるだろうなと見ています。