「 憲法 」一覧

9条2項があると、日本は負け戦しかできない

9条2項があると、日本は負け戦しかできない

日本の安全を守るには、集団的自衛権だけでは足りず、どうしても9条2項の削除が必要です。9条2項の規定によって日本は戦争をしてはならないので、敵が攻撃してきた時に初めて防衛のために戦うことができる(専守防衛)と解釈することが精いっぱいです。

9条に3項を追加する案は、不人気

9条に3項を追加する案は、不人気

2項で「陸海空軍その他一切の戦力を持ってはいけない」と規定しています。従って3項で存在を認める自衛隊は、軍隊であってはならないことになります。ところが皆さんもご存じのように自衛隊は軍隊です。つまり3項を追加することで、ますますわけが分からなくなってしまうのです。

阿部総理は、9条に3項を追加しようと考えている

阿部総理は、9条に3項を追加しようと考えている

阿部総理は、せめて自衛隊の存在を憲法に明記して合憲にし、自衛隊員の志気を高めようとして、第3項の追加を思いつきました。前2項はそのまま残すし、多くの国民や政党はすでに自衛隊を合憲と考えているので、この追加を積極的に反対する理由がないのです。

日本は、憲法9条2項のせいで苦しんでいる

日本は、憲法9条2項のせいで苦しんでいる

尖閣諸島周辺の領海に侵入している支那の「漁船」は、支那の国旗を揚げています。普通、漁船は国旗など掲げていません。支那の「漁船」は、自分から支那の軍艦であることを誇示しているのです。相手が軍艦であれば、それを排除することは「国の交戦権の行使」にあたるのです。