なぜウイグルのジェノサイドを認定しないのか

今回の森氏の辞任騒動をネットで検索すると、「朝日新聞などは、森氏の発言を非難するが、ウイグルにおけるジェノサイドのことをなぜ非難しないのだ」という意見が多くみつかりました。オリンピック憲章には、「オリンピックの目的は平和な社会を推進することだ」と書かれています。この目的からすれば、朝日新聞は、来年の中国の冬のオリンピックのボイコットを呼びかけなければなりません。

なぜウイグルのジェノサイドに沈黙をしているのか、「サヨク」自身がその理由について何も言っていないので、われわれは推測するしかありません。中国から圧力がかかっているだろうし、ハニートラップや汚いお金が原因のひとつかもしれません。自分たちのやっている反政府活動を長い間支援してくれたので、中国との腐れ縁がある、というのもありそうです。

ただ、下記のようなことも原因の一部なのではないか、と私は推測しています。
1,日本の「サヨク」の主要な目的は、日本を社会主義化することである。だから、外国のことにはあまり関心がない。

2,日本の社会主義は、大乗仏教の発想に影響された「大乗仏教社会主義」である。一方、中国では大乗仏教の勢力が微弱なので、日本の「サヨク」の主張を彼らは理解できず、言っても相手にされない。大乗仏教の発想からすれば、ウイグル人のジェノサイドを認めることはできない。しかし、そういう説明では、「社会主義の敵を放任することはできない」と主張する中国共産党を説得できない。

多くの日本人は、大乗仏教は日本だけでなく中国や朝鮮でもいまだに盛んである、と思っていますが、これは誤解です。1300年前の唐の時代の中国は確かに大乗仏教が盛んでしたが、唐は衰退した9世紀末から仏教は激しく衰退しました。

今の中国共産党政府は宗教を敵視して、巨大な宗教組織を弾圧しています。法輪功を最も激しく弾圧していますが、これは道教です。またカトリックをも統制下に置こうとして弾圧しています。しかし仏教の教団を弾圧しようとはしていません。それは仏教が中国の社会にほとんど影響力を持っていないからです。朝鮮でも大乗仏教の勢力が衰えており、それは最近6人の大統領がすべてキリスト教徒であることからも分かります。

だから、日本の「サヨク」が大乗仏教の教義に基づいて社会主義的なことを語っても、中国人や朝鮮人はその意味が理解できないのではないでしょうか。日本の「サヨク」は、自分たちの主張が世界の常識から大きく外れていることを理解していないようです。

それは、宗教をアヘンだと思っていてまじめに向き合おうとせず、宗教的な知識がないからだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 法太郎 より:

    大乗仏教が仏性思想を中心とした性善説思想だとすると、この手の考え方と言うのは、実際は、ヨーロッパにも中国にも日本にもあると思うんですよね。
    そもそも、市川さんの「誠主義」と言うのも、人間の根底には良心(誠の心)が備わっており、この良心(誠の心)の権威が国法より強く、社会に発展と調和をもたらす根本原因だ言うものであれば、これって仏性思想とさほど変わらないと思うんですよね。
    違いは、仏性思想が全ての人間に仏性があると言う「普遍主義」の立場に立つのに対して、誠主義は日本民族にのみ誠の心があるとする「民族主義」の立場に立つと言う違いでしかないのではなかろうか。
    JJルソーが「自然に返れ」と言ったのも、人間の心の奥底には自然本来の道徳心(憐憫の心)があると言う考えによるものであろうし、それは孟子が言う惻隠の心や道家の無為自然の思想と共通するものがあるでしょうし、イエスの隣人愛やギリシアのピュシスもその現れでしょう。

  2. 法太郎 より:

    日本人もYouTubeやSNSの発達で中国人を含む外国人と触れ合う機会も増えてきましたが、特に考えていることや感じていることは日本の普通の若者と余り変わらないんですよね。
    それは中国でも日本の漫画やアニメが大流行していることで分かると思います。
    日本のアニメは日本人の情緒で描かれている訳で、それが多数の中国人読者に共感されている訳です。
    中国政府の非人道的振る舞いは厳しく見ていくべきではありますが、同時に、若い世代のこう言った新しい動向も見ていかなくてはならないと思います。

  3. 法太郎 より:

    現代中国情勢に詳しくはないのですが、思うに中国の政治家にも「民主派」もいれば「国家主義者」「全体主義者」も居ると思います。(誰がそうなのかはわかりませんが)、我が国の政治家は「民主派」の政治家と手を組むべきでしょう。
    中国国内の「民主派」の政治家が主流派となり、国家集団をそのような価値観に導いていけば、同様の価値観を持った諸国と軍事衝突する可能性は低くなり、長い目で見れば経済協力も可能になるでしょう。もちろん、短期~中期的には市川さんがおっしゃるような「現実主義」的な政策も必要であろうとは思いますが。
    これは私の個人的意見です。いつもありがとうございます。