基本的人権を日本人はどう理解しているか

日本人は、自由や平等という言葉をあまり使おうとしません。自分たちの権利を主張するときは、自由と平等という言葉の代わりに、基本的人権という言葉をよく使います。自由という言葉は「自由のはき違え」を、平等という言葉は「悪平等」を連想させるので、これらの言葉を使うのに抵抗があるからでしょう。

キリスト教の信仰から来た自由(Freedom, Liberty)や平等( Equality)という言葉の訳語に仏教用語である自由や平等を使ったので、もともとの意味が伝わらず様々な誤解が生じました。そのために日本人は自由や平等という言葉を十分に信頼できないのです。

キリスト教の自由に近い日本語はで、平等に近いのは役目です。この二つの考え方を日本人は人間関係の基本と考えており、日常的に良く使います。つまり日本の「実質的な憲法」の中心には、誠と役目という考え方が据えられています。

「基本的人権」という法律用語は、もともとは自由と平等を意味しましたが、近年は社会的弱者を保護しようという「生存権」をも含めるようになりました。日本国憲法は「生存権」を基本的人権の一つとして規定しています。

ところがアメリカの憲法は、「生存権」を規定していません。それはキリスト教の自由という考え方の中に弱者保護の考え方が含まれているからです。「仲間を助けるという正しい目的のためならば、社会のルールを無視しても構わない」というのがキリスト教の自由の考え方です。だから、困っている仲間を助けるという考え方が、自由に含まれているのです。

誠という考え方にも「困っている仲間を助ける」という意味が含まれています。日本国憲法の中で自由という言葉を使わずに誠という言葉を使っていたら、「生存権」をわざわざ追加する必要もなかったはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 法太郎 より:

    裏を返すと、基本的人権の尊重を根本原理としている日本国憲法は、一部、誠の心にもかなっている事にもなるかと思います。
    また、現在の日本国民が天皇による神権政治を望んでいるとは思えないし、それが望ましいとも思えないので、元首と言っても結局のところは「象徴」のような存在になるのではないでしょうか。
    歴史を見ても実際に天皇が政治権力を持ったのは古代を除くとごくわずかな例外的な期間だけで、殆どの時代、幕府の助言と承認により、主に《儀式》を司る存在ではなかったでしょうか。
    或いは、市川さんは天皇に、国事行為以外にも国政に携わる権能を持たせるべきと考えているのでしょうか?
    中世のような社会をお望みでなければ、結局は「個人主義」を基底とした日本国憲法のような形の憲法に落ち着くと思いますし、そうあるべきではないでしょうか。

    • 市川隆久 より:

      中世のような社会に戻ることはないと思います。「個人主義」という言葉が個人が国民全体の幸福よりも優先するという考えであれば、そういう考え方で憲法が作られている国はないと思います。

  2. 法太郎 より:

    ベルギー憲法7条
    個人の自由はこれを保証する

    イタリア憲法
    第2条
    共和国は個人としての、また彼の人格が発展する場としての諸社会的結合体に置いて人間の不可侵の権利を認めかつ保証する

    ドイツ基本法
    第一条
    人間の尊厳は不可侵である。これを尊重し、かつ保証することは、すべての国家権力の義務である

    大抵の近代国家の憲法は「個人主義」の憲法です。個人主義は「個人のわがまま勝手な振る舞いを肯定する」と言う意味ではなく、人間の尊厳を尊重すると言う考えが根底に有ります。自分だけではなく他人も「個人」として尊重すると言う意味です。
    また「国民全体の幸福」と言っても、それは「個人個人が幸福になる」と言う事ではないでしょうか?
    個人を離れた抽象的な「国家の幸福」等と言うものはないし、個人より国家が優先されるとしたら、それは市川さんが普段から批判している「社会主義」の考え方ではないでしょうか。

    日本国憲法
    第13条
    すべての国民は、個人として尊重される。
    生命、自由及び幸福追求に対する国民の権力については公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。