欧米列強は、大日本帝国憲法を高く評価した

欧米列強は、大日本帝国憲法を高く評価した

日露戦争が起きた時(明治37年)、列強は「憲法を持った近代国家(日本)と野蛮な専制国家(ロシア)との戦いである」と考えました。当時のアメリカのルーズベルト大統領は、近代的な憲法を持っているから日本は戦争に勝つだろう、と勝敗の行方を予想しました。

天皇陛下が主権者だと認めたくない学者が、戦前の日本に多くいた

天皇陛下が主権者だと認めたくない学者が、戦前の日本に多くいた

主権者は君主あるいは国民で、どちらであるにせよ主権者は人間だと考えるのが、世の常識です。ところが美濃部達吉博士は、国家という抽象的なものを主権者だと主張しました。なんとかして天皇陛下が主権者であることを否定したかったわけです。

正しい法によって支配されていれば、民主制でなくても良い

正しい法によって支配されていれば、民主制でなくても良い

アリストテレスは、国民のみんなが納得する法に基づいて政治を行うのであれば、一人で政治をやろうがみんなでやろうが大した問題ではない、と考えていました。そしてみんなで政治を行う場合でも、衆愚に陥る場合を「民主制」としています。

「君臨すれども統治せず」の意味を誤解した

「君臨すれども統治せず」の意味を誤解した

イギリスの政治制度は、「国王は君臨すれども統治せず」というように一般に理解されていますが、イギリス王は我々日本人が思っている以上に政治的な力を持っています。19世紀後半のイギリスのヴィクトリア女王は、嫌いな政治家を総理大臣に任命することを、最後まで承認しませんでした。