アメリカの正副大統領は、聖書に書かれていることはすべて本当だ、と信じている

アメリカの正副大統領は、聖書に書かれていることはすべて本当だ、と信じている

トランプ大統領もペンス副大統領も福音派です。トランプ大統領はプロテスタントのカルヴァン派の教義を信じている福音派で、ペンス副大統領はカトリックの福音派です。教義的には二人は立場が違うのですが、「聖書に書かれていることはすべて本当だ」と信じている事では同じです。

消費増税は不要である

消費増税は不要である

IMFは、日本の財政についてのレポートを出しました。「巨額の借金を抱える日本の負債額はGDPの283%に相当するが、その半分以上を日本銀行を含めた政府機関が抱えている。他の資産も考慮に入れて試算すると、日本の純資産はほぼプラスマイナスゼロになる。一方で、財政黒字を誇るドイツの場合、純資産はマイナスである。」