岩倉使節団とキリスト教

岩倉使節団は欧米の実情をつぶさに視察しましたが、特にキリスト教が多くの団員に強い印象を与えました。

市民が日曜日ごとに家族で教会に通っているのを見て、キリスト教の影響力の強さに驚きました。また、多くの欧米人が、日本がキリスト教を解禁することをやかましく要求しました。

江戸時代初期に江戸幕府が出したキリスト教禁令を、明治政府はまだ解除していなかったのです。このままではまずいと悟った日本は、使節団が帰国直後に、禁令を解除しました。

欧米の文明の土台にキリスト教があり、近代化の原動力になったのもキリスト教の信仰だ、ということを使節団の団員も次第に分かってきました。

このようなことから、キリスト教の信仰を日本に積極的に導入しようとする意見も、団員の中に出てきました。中でも伊藤博文は、「日本人を全員キリスト教徒にしよう」などと極論を吐いて、団長の岩倉具視からしかられました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする