岩倉使節団とキリスト教

岩倉使節団は欧米の実情をつぶさに視察しましたが、特にキリスト教が多くの団員に強い印象を与えました。

市民が日曜日ごとに家族で教会に通っているのを見て、キリスト教の影響力の強さに驚きました。また、多くの欧米人が、日本がキリスト教を解禁することをやかましく要求しました。

江戸時代初期に江戸幕府が出したキリスト教禁令を、明治政府はまだ解除していなかったのです。このままではまずいと悟った日本は、使節団が帰国直後に、禁令を解除しました。

欧米の文明の土台にキリスト教があり、近代化の原動力になったのもキリスト教の信仰だ、ということを使節団の団員も次第に分かってきました。

このようなことから、キリスト教の信仰を日本に積極的に導入しようとする意見も、団員の中に出てきました。中でも伊藤博文は、「日本人を全員キリスト教徒にしよう」などと極論を吐いて、団長の岩倉具視からしかられました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆい より:

    岩倉使節団がキリスト教にどのような影響を受けたのか調べている者です。
    私はこの意見を非常に興味深く感じました。
    そこで質問があります。
    この意見はどの参考文献を使用しましたか?
    ぜひ参考にしたいので、回答よろしくお願いします。

    • 市川隆久 より:

      こんにちは

      岩倉使節団が西欧に行ってキリスト教にどう影響を受けたかというテーマに関心をもった研究者はいままでいなかったように思います。従ってこの使節団や条約改正について書いた本の一部にそういう情報が散在しているという感じです。

      印象に残っているのは、宮永孝 『アメリカの岩倉使節団』で、いくつかエピソードが載っていました。また久米邦武 『特命全権大使米欧覧実記』は詳細な行動記録なので、いくつか該当する部分があったように記憶しています。

      西欧社会の基にキリスト教があるということを理解した傍証としては、津田真一郎 『泰西国法論』などがあります。
      FreedomやEqualityがキリスト教から来たということを理解したうえで、条約改正や使節団の関連書籍を読むと、いろいろヒントを見つけることができます。