アメリカのユダヤ人は、ロビー活動と政治資金で政治家を操っている

戦後のアメリカでユダヤ系の政治勢力が非常に増大した理由には3つの原因があります。
1.強力なユダヤ・ロビー
2.ユダヤ・マネー
3.ユダヤ系とキリスト教福音派(聖書に書かれていることが全部本当だと信じている信者たち)との同盟

アメリカ在住のユダヤ人は570万人で全アメリカ人3億人の2%弱です。ところがユダヤ人は政治的な意識が高くほとんどの有権者が投票する結果、アメリカ全体の投票数の4%がユダヤ人の票になっています。ユダヤ人はこの4%の票を武器にして政治家に対して強力なロビー活動を行っています。

ユダヤ人はアメリカ全土にまんべんなく散らばっているのではなく、特定の都市などに集中して住んでいます。従ってその選挙区の候補者は、ユダヤ人の意向に沿わないと当選できません。4%の票というのはかなりの威力があります。

「ユダヤ・マネー」は説明の必要などないでしょう。ユダヤ人たちは大富豪の仲間から募金を集め、その莫大な資金でマスコミを自分たちに有利な記事を書かせるわけです。さらにユダヤ資本がマスコミやハリウッドの映画産業を牛耳っているので、世論操作などお手のものです。

実はイスラム系アメリカ人は全米に600万人以上おり、その他にキリスト教を信じているアラブ人が200万人以上いるので、人的資源ではユダヤ人を上回っています。またアメリカに住んでいるイスラム教徒は貧しい者が多いのですが、サウジアラビアやクウェートなどイスラム系の金満国家があります。従って世界的規模での資金量を見ても、イスラム系はユダヤ系と遜色がありません。

ところがイスラム系は団結するのが苦手で、サウジの王家はアメリカに住んでいる信者仲間の運命に無関心だし、彼らを政治的に利用してやろうという知恵もないようです。ユダヤ人のように「政治的にへまをすると命がない」という極限状態を経験していないからかもしれません。