戦後、アメリカでユダヤ系の政治勢力が大幅に増大した

「なぜアメリカはイスラエルをえこひいきするようになったのか」を、私は色々と調べました。この件については、放送大学教授の高橋和夫先生や獨協大学教授の佐藤唯行先生などの専門家が説明しています。アメリカのユダヤ人が政治勢力を増してきたのは、戦後のことなのです。
・                  1940年   1973年    2006年
ユダヤ人の人口比率               3.6%           2.5%              2.0%
ユダヤ系の下院議員比率         1.4%           2.8%              5.9%
ユダヤ系の上院議員比率         0%              2.0%            11.0%

ユダヤ系アメリカ人の政治的勢力の増大によって、第二次世界大戦中はドイツ在住のユダヤ人に対して冷淡だったアメリカは、近年イスラエル国家に対して過剰に親切になっています。

1980年代に、アメリカがサウジアラビアに最新鋭武器(AWACS)を売却しようとした際、ユダヤ系議員がレーガン大統領に圧力をかけて売却を中止させました。現在アメリカ政府は、経済的には先進国のイスラエルに対して数十億ドルの援助を行っています。

イスラエル国債の利率は低く、その格付けはBBBとかなりリスクが高いと見られています。ところが、この国債をアメリカの銀行が大量に買っています。そうしないとアメリカのユダヤ人富豪がその銀行に預けてある預金をよその銀行に移してしまうからです。

2006年に「反ユダヤ主義監視法」が連邦議会で可決されました。世界各地に頻発する反ユダヤ主義をアメリカ政府が監視し、その国の政府にアメリカ政府が怒鳴り込むという内容です。

この法律に対して国務省は、「特定集団に対する人権上のえこひいきをするべきではない」と反対しましたが、ユダヤ系議員の圧力がものすごく、ついに当時のパウエル国務長官はこの法案に賛成せざるを得なくなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする