戦後になって、アメリカはユダヤをえこひいきするようになった

中近東では、ユダヤ教のイスラエルと周辺のイスラム教国家群が激しく対立しています。そうした対立の構図の中で、アメリカは一貫してイスラエルを支持していて、これはどう考えてもえこひいきです。

最近もトランプ大統領が、テルアビブにあったアメリカ大使館をエルサレムに移転することに決め、さらにエルサレムに行って嘆きの壁で祈りを捧げ、イスラエルの機嫌を取ってイスラム諸国の反感を買いました。エルサレムはユダヤ教の聖地であるだけでなく、キリスト教とイスラム教の聖地でもあるために、多くの国はエルサレムを一つの国が独占すべきでない、と考えています。ところがイスラエルが強引にエルサレムを首都だと宣言し、トランプ大統領がその主張を認めたわけです。

アメリカは移民によって出来た国なのでユダヤ移民を受け入れてきましたが、キリスト教国なので本来ユダヤ教徒に好意的ではありません。それは、キリスト教があがめるイエス・キリストをユダヤ教が認めず、彼をインチキ宗教の教祖だとして死刑にしたからです。

第二次世界大戦当時、ナチスの迫害を逃れて移住しようとしたユダヤ人をイギリスやスイスなどの西欧諸国は国境で追い払いました。そこでドイツに引き返したユダヤ人は、ガス室で殺されてしまいました。西欧のキリスト教国はユダヤ人を嫌っていたわけです。

アメリカもユダヤ人難民を追い払いました。アメリカのキリスト教徒がユダヤ人を嫌っていた上に、イスラム諸国の反感を買えば、第二次世界大戦で有利に戦いを進めることが難しくなるからです。アメリカがユダヤ人をえこひいきするようになったのは、戦後のことなのです。

なぜ戦後になってこのようなことになったのか、私は不思議でなりませんでした。そこでいろいろと調べた結果、「アメリカは熱烈なキリスト教国だから、イスラエルを支持するようになったのだ」という逆説的な結論が出てきました。

また、「アメリカは経済的利益だけを国益と考える国ではない。政治的な動機を非常に重視する国である。もっと言えばキリスト教の考え方を国益の基礎に置く国だ」ということを私は再認識しました。

アメリカを観察する場合に、キリスト教の視点を外しては意味がありません。今からこれをテーマにして書きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする