アメリカ軍は、支那軍に勝てない

支那は、科学技術面・軍事面・経済面のどれをとってみてもアメリカよりはるかに劣っています。また支那人は、伝統的に国家に奉仕する気持ちを持っていません。しかしその一方で、支那は独裁国家です。

独裁国家は、持てる資源を一点に集中することができます。技術的レベルの低い支那が、宇宙軍事面や国民を監視するために開発した顔認証システムで急速な進歩を遂げているのは、この資源の一点集中のためです。

さらに支那には、とんでもなく非常識な対抗手段があります。それは自国のものすごい数の国民を人質にとる方法です。かつてアメリカ軍は、支那に攻め込んで戦争をしたらどうなるかをシミュレーションしたことがありました。結論は、アメリカ軍は支那軍に勝てない、というものでした。

毛沢東は、『持久戦論』という論文を書いて支那軍の戦い方を説きました。それは敵を自国に攻め込ませ、それに対してゲリラ戦で対抗するというものです。敵の正規軍は精強なので、数十倍のろくに装備も訓練もない支那のゲリラを簡単に皆殺しできるでしょう。

それでもいいと毛沢東は言うのです。敵の軍隊は戦闘をするというよりも、支那人を屠殺してまわるわけです。このようなことをしていくうちに、アメリカ軍の将校も兵隊も精神的にまいってしまいます。よほどの精神異常者でもない限り、支那人以外の文明国の国民は無意味に人殺しを続けることはできません。しかし支那人は歴史的に、国民を消耗品と考えて戦ってきました。1800年前の内乱では、人口が5千万人から七百万人に減るまで内戦を止めようとはしませんでした。

アメリカ軍は東京大空襲をやり広島と長崎に原爆を落としましたが、そのやり方が日本人に通用すると分かっていたからです。このようなことをされれば、天皇陛下をはじめとする為政者たちは、精神的に耐えられず降伏を選ぶからです。

ところが支那の為政者は、自国民が億単位で殺されてもびくともしません。しょせんは他人であって同情に値するような者ではないのです。実際に支那の共産党幹部は、「支那人は敵に半数が殺されても、残りの半分が敵を殲滅する」と言って、アメリカの将軍を嚇かしました。支那の正規軍がアメリカ軍に戦いを挑んでも、簡単にアメリカ軍によって撃破されます。しかしアメリカ軍が支那に攻め込んでも、支那のゲリラには勝てません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする