支那に買われたアメリカの政治家やマスメディアは、今後もトランプ大統領に反対し続けるだろう

トランプ大統領の娘のイヴァンカさん夫婦は、金持ちのアメリカ人の多くがやっているのを真似して、子供たちに支那人の家庭教師をつけて支那語を勉強させています。

イヴァンカさんの夫のクシュナーさんは不動産業者で、高級マンションを開発し、それを支那人の富豪たちに売りつけました。その時のセールスポイントは、「この部屋を買えば、アメリカの永住権を得やすくなります」というものでした。彼は、支那人の移住者がアメリカにとって非常に危険だ、ということをよく理解しておらず、自分のビジネスを最優先に考えているようです。

このように、トランプ大統領の支那敵視政策は、身内の中でさえ徹底していません。さらに支那政府は、アメリカの国内の世論操作を徹底的にやっています。アメリカの大手マスメディアがトランプ大統領を引きずりおろそうと懸命になっているのは、支那の工作のためです。

さらに支那は、アメリカの政界にロビー活動を盛んに行っています。トランプ大統領のライバルだったヒラリー・クリントンに大規模な賄賂攻勢をしかけていました。支那がクリントン夫婦に目を付けたのは、30年以上前です。

ヒラリー・クリントンの夫であるビルは言わずと知れたアメリカの元大統領です。彼は35年前に若くしてアーカンソー州の州知事になりました。そこで支那はこの夫婦を先物買いし、以後延々と巨額の寄付を続けていました。

クリントン夫妻は、クリントン財団という慈善団体を作り寄付を募っていました。しかしこの夫婦は、受け取った寄付の1割程度しか慈善に支出せず、残りは着服していました。支那政府は、このインチキな慈善団体にばく大な寄付をしていたわけで、これは賄賂です。

彼女が大統領選挙で敗けたのは、彼女の金に対する汚さに有権者が気づいたのも一つの理由として挙げられます。

この夫婦の他にも、支那が莫大な賄賂を渡し続けたアメリカの政治家は、たくさんいるはずです。支那の金で買われたアメリカの政治家やマスメディアは、今後もトランプ大統領の支那敵視政策に反対し続けるでしょう。