支那人は、昔からアメリカの世論を操作していた

アメリカのトランプ大統領は、本気になって支那の力を弱めようと考えています。アメリカと支那が激しく争うなどということが今までなかったので、今後どういう展開になるか予想が容易ではありません。

言えるのは、アメリカには親中派が多いので、トランプ大統領は国内で大きな抵抗に遭うだろうということです。アメリカは100年前は、列強から支那を守るという役割を演じていました。支那もアメリカを味方にしようと努力をしてきました。

支那は軍事的にも経済的にも基礎が弱いので、相手国の世論を味方につける戦略を非常に重視しています。日本も例外ではなく、マスメディアは支那に懐柔されているし、外務省には「チャイナスクール」という親中派が多いです。支那はチベットやウイグルを侵略しているのに、それを報じようとする大手のマスメディアがないことからも、それが分かります。

支那は、昔からアメリカの世論操作を行っています。蒋介石は日本と対抗するために、アメリカを味方につけようとしました。そこで目を付けたのが宋美齢です。彼女は上海出身の大財閥の娘で、子供の頃からアメリカで教育を受け、そこのお嬢様大学を卒業しました。

蒋介石は宋美齢と結婚することによって、アメリカの支配層と人脈を作りました。そして自らもキリスト教に改宗することによって、アメリカ人の支持を得ることに成功しました。

20世紀初頭、アメリカの諸キリスト教団は8000人の宣教師を支那に送り込み、支那人を改宗させようと必死になっていました。支那での宣教活動はあまり効果がありませんでしたが、宣教師たちは自分たちの働きで支那人が善人になったという報告を新聞に書いていました。このようなインチキな情報から、可愛そうな支那を日本がいじめているという印象がアメリカ人に徐々に定着しました。

ちょうどその時に、支那の大物政治家である蒋介石がキリスト教に改宗したので、アメリカ人の支那人びいきと日本人移民排斥運動がさらにはげしくなりました。大東亜戦争の遠因は、意外にもこの辺にあります。

日本の敗戦後、支那に内乱が起こり共産党が勝ちました。この時アメリカ人は支那人を嫌いにならず、彼らを共産主義という悪魔から救い出そうと考えたのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする