トランプ大統領は、支那を外して直接北朝鮮と交渉し、核を放棄させようとしている

「習近平は、北朝鮮に核兵器開発を断念させる気もないし、できもしないだろう。トランプ大統領はそのことを確認してから、支那を外して北朝鮮と直接に核開発を放棄させる交渉をはじめるだろう。そして支那には遠慮しなくなるだろう」、と国際政治の専門家は年初に予想していました。

そうしたら今年に入って、アメリカは北朝鮮と密かに話し合いを始めました。北朝鮮はアメリカと日本の厳しい経済封鎖によって、経済がこれ以上もたなくなり、アメリカと交渉せざるを得なくなったのです。専門家の予想通りの展開になり始めました。

トランプ大統領は南朝鮮の文大統領の要請を受け入れて、米韓合同軍事演習をオリンピックが終わった後に延期することに合意しました。さらにあたかも北朝鮮が主催国になったかのような様相を呈した冬季オリンピックの閉会式に、トランプ大統領は娘のイヴァンカさんを出席させました。

そして3月には、ついにトランプ大統領と金委員長の会談が発表されました。アメリカと北朝鮮との会談の下打ち合わせは、支那ではなくフィンランドで行われました。支那はトランプ大統領との約束を実現できなかったので、蚊帳の外に置かれたわけです。

南朝鮮の文大統領は、恥も外聞もなくオリンピックの間じゅう、北朝鮮の歓心を買っていました。日本のマスメディアは文大統領を、アメリカや日本など他の国の機嫌を損じて北朝鮮をもてなしているピエロのように報じていましたが、実はトランプ大統領の了解を得ながら両国の間を仲介していたわけです。

そしてその直後にトランプ大統領は、支那からの鉄鋼・アルミの輸入などに高率の関税をかけることに決めました。藤井厳喜先生など国際政治の専門家の予想通りの展開になっています。中でも藤井厳喜先生は、一昨年のアメリカ大統領選挙でも早い段階からトランプ大統領が当選すると予想していました。

トランプ大統領は、国家安全保障問題担当大統領補佐官に戦争大好き人間のボルトンを任命しました。この人事に恐怖を感じた金正恩委員長は、習近平主席に助けを求めに行きました。伝統に従って朝貢しに来た金正恩に対して、習近平は援助を約束したようですが、支那が北朝鮮に対して大した助けになるとも思えません。

トランプ大統領はこれから支那敵視政策をはじめるという前提に立って、日本はどうすればよいのか、をこれから考えてみます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする