トランプ大統領は、とりあえず習近平に北朝鮮を抑えさせようとした

昨年10月ぐらいまで、アメリカは北朝鮮を脅していましたが、11月にトランプ大統領が北京を訪問した時点から、少し様子が変わってきました。この時にトランプ大統領は、「北朝鮮の核開発問題を何とか解決してほしい」と習主席に依頼し、習主席もそれを約束しました。

昔から大国の間には「縄張り」があって、その縄張りの中にある小国を仕切って問題を起こせないようにする慣習があります。トランプさんは、「北朝鮮は支那の縄張りの中にあるのだから、お前がちゃんとおとなしくさせろ」と要求しました。そのように言われれば、習近平さんも受けざるを得ないわけです。もしも支那が北朝鮮をおとなしくさせることに失敗したら、支那はアメリカや日本に対してその縄張りを主張できなくなります。

多くの日本のマスメディアは、トランプ大統領が習近平にかなりきついことを言ってくれるだろう、と期待していました。ところが北京でのトランプ大統領の様子を見て、「トランプ大統領は、巨額の商談で骨抜きになってしまった」とがっかりしていました。

しかし国際政治の専門家たちは、マスメディアとは全然違う見方をしていました。

1、トランプ大統領は、「支那は、縄張り内にある北朝鮮を抑えつけて核開発を中止させる責任がある」と考えている。彼は支那がどこまでやるかしばらくは様子を見ているだろうが、支那はおそらく北朝鮮を抑え込むことができないだろうし、やる気もないだろう。

2、トランプ大統領は、3か月ぐらい支那の様子を見ているだろうが、支那は大したことはできないはずだ。習近平が約束を守らないのであれば、トランプ大統領は支那を無視して直接北朝鮮を抑えにかかるだろう。

3、トランプ大統領は、かねてから支那を第一の敵と考えている。支那はアメリカの技術を盗み、輸出に補助金を出しているなど不正な手段でアメリカ利益を得ているからである。習近平が約束を守らないことがはっきりした段階で、支那に非常に厳しい態度をとり経済的に疲弊させようとするだろう。まずは経済的に苦しめることで、軍事力や政治的影響力を弱めようとするだろう。

私は、このような専門家の見立てが当たるかどうか、様子を見ていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする