5月に、トランプ大統領と金委員長が首脳会談をすることになった

今から一か月ぐらい前に、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が5月に米朝首脳会談をする、ということが公表されました。それまでは、戦争になるという情報と、会談が行われるという情報の相反する情報が入り乱れていました。

マスメディアは、冬季オリンピックが終わったらアメリカ軍がいつ北朝鮮を攻撃してもおかしくない、と危機をあおるような報道をしていました。一方、インターネットや会員制サイトでは、1月ごろからアメリカと北朝鮮が密かに接触して話し合いをしている、という情報が流れていました。

私にとっても戦争になるか否かは重大なことなので、去年の年末から今年の2月初めにかけて夢中になっていろいろな情報を集めした。私には特別な情報ルートなどありませんが、インターネットや海外放送などにアクセスすればかなり掘り下げた情報に接することもできます。

その結果、国際政治の専門家は、戦争にはならず話し合いで解決する、と考えていることが分かってきました。そもそもトランプ大統領は一昨年の大統領選挙期間中から、「北朝鮮の若いのに会っても良いよ。一緒にハンバーガーを食べたいよ」と言っていました。専門家はこういう情報を意外に重視するのですね。

私は、テレビでオリンピックの中継を見ながらも、北朝鮮とアメリカの関係がどうなっているのかを考えようと思い、2017年から今までに何が起きたのかを振り返ってみました。昨年の秋ぐらいまでは、アメリカは支那と北朝鮮を盛んに脅かしていました。

2017年1月 トランプさんが大統領に就任

2017年秋まで 北朝鮮は核爆弾の実験2回とミサイル発射実験を3回行った
アメリカは、北朝鮮をテロ再支援国家に再指定した
国連安保理は北朝鮮に対する経済制裁の強化を決議した
アメリカは、戦略爆撃機・空母・原子力潜水艦で北朝鮮を威嚇した。

2017年10月 トランプ大統領は、「チビのロケットマンとの対話、交渉は時間の無駄である」と述べ、ホワイトハウスは「北朝鮮と交渉すべき時ではない」と発表した。