AIが人類を滅ぼすことなどありえないという説

「AIを搭載したロボットが人間を滅ぼしてしまう」という説にはうさんくさい部分があるので、反対説も当然あります。日本のAI専門家が書いた著書を読んでみると、多くはこの説を疑っています。彼らは大学の先生なので、はっきりした証拠がないことを断定はせず、疑問を呈しているという態度です。

「AIを搭載したロボットが人間を滅ぼしてしまう」という説の賛否は、唱えている人の立場の違いを反映しているのかもしれません。熱心に主張するのは主として巨大IT企業の創業者や実務家で、疑問視しているのが証拠とか証明を要求する学者です。

私はド素人で何の専門知識もないので、どちらとも判断できずうろうろしていました。ちょうどその時に、「AIを搭載したロボットが人間を滅ぼしてしまう」という説を明確に否定する学者を発見しました。そこでこの学者の言っていることを紹介します。

ジャン=ガブリエル・ガナシアは、『そろそろ、人工知能の真実を話そう』を書いて、「ロボットが人間を滅ぼすことなど無理だ」とはっきり言っています。彼は、パリ第六大学のコンピュータサイエンス教授で、人工知能に関する研究所のトップを20年以上やってきました。

「ムーアの法則」は、インテルの創業者であるゴードン・ムーアが唱えた説で、「コンピュータに搭載されている集積回路(マイクロプロセッサー)の処理能力は、およそ2年ごとに倍増していく」という法則です。実際に1960年代から40年以上、この法則通りにコンピュータの能力は急激に増大し続けていました。

「AIを搭載したロボットが人類を滅してしまう」説は、「コンピュータの計算能力が今後もこのままのスピードで増大すれば、何十年か後にはAIの知能が人間を凌駕する」と考えるもので、「ムーアの法則」に立脚しています。ところがガナシア先生は、「ムーアの法則は成立しない」と断言しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする