二種類の平等

日本には、二種類の平等の考え方があります。

一つは大乗仏教の教義から来た、平等の考え方です(無量寿経)。大乗仏教は、人種・男女・個性などの違いはまぼろしであり、一切の違いを認めません。学校の運動会で生徒たちに徒競走をさせる時に、着順に差がつかないように、みな横並びでゴールさせるように指導するというのはまさに仏教の平等の発想です(運動会の徒競走)。仏教は出家して社会から離脱した立場からものを考えます。従って浮世離れしていて、社会の現実とずれることが多いです。

キリスト教は、神が人間を作ったと考えます。それぞれの人間に固有の役目とそれを成し遂げるのに必要な能力を与えたので、役目と能力はみな違います。人間はもともと不平等に作られているのです。

この考え方は神道も同じです。自分の役目を遂行することとは無関係のプライベートなところで差別するのはいけない、というのがキリスト教や神道の平等です(王様や天皇陛下がおられても平等酔っ払い運転をすれば誰でも逮捕される)。

日本の憲法で規定されている平等は、明治になって西欧から入ってきたので、キリスト教の平等の考え方のはずでした。しかし英語のequalityを日本語に訳すときに、仏教用語である「平等」という言葉を使ってしまったために、多くの日本人は仏教の平等も法的な権利だと勘違いしてしまいました。

平等を法的に考えるときは、その人の役割は何かを考えなければなりません。新入社員と部長では仕事に内容も給料の額も違いますが、部長と新入社員では役割が違うので差があって当然です。社会もこの差を「平等に反する」などとは言いません。

しかし休日に酔っ払い運転をして事故を起こしたら、それは二人の役割とは無関係なプライベートなことですから、平等に逮捕され牢屋に入らなければなりません。

女系天皇問題も、天皇陛下の役割は何かという視点から判断すればよい、と考えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 日本太郎 より:

    よく海外の人間に日本人は集団化するのが上手いと評されます。
    確かに、日本人は、全く関係の無い人たちが集まったとしても、瞬時に上下関係を見出し、統制の取れた組織集団を作り上げる能力があると思います。
    これは当たり前のようにやっていますが、世界的に見ると当たり前ではなく、市川さんがおっしゃるように神道の思想、特に、明治以降は教育勅語や軍人勅諭の影響が大なのではないかと思うのですがいかがでしょうか?

    と、同時に、現代の日本では、神道のエートスが薄れてきている(一時的に忘却されている)関係で、これも市川先生の分析があたっていると思うのですが、大乗仏教的平等観から、新入社員などでも「先輩後輩システム」などを無視して、職場関係の中でも「友達のように」振る舞い、顰蹙を買ったり、紛争の原因になったりもしているような気がします。
    最近のニュースでも「女を土俵に上げろ」とか「相撲部屋の先輩に後輩が殴られた」とか「大乗仏教的エートス」と「神道的エートス」のぶつかり合いのような現象にも見て取れます。
    一見、大乗仏教的エートスの方が「進歩的」で「民主的」に見えますが、もし、完全に大乗仏教のエートスで組織運営をしたら、合理的な組織運営は成り立たず、生産性がさっぱり上がらないという可能性もあるかと思います。

  2. 日本太郎 より:

    ただ、一昔前は、山本七平氏に見られるように、大乗仏教に近代精神の源流を見出すという考え方が主流だったかと思います。
    (「職分即仏道」と言った一種の職業召命観のような思想。)
    そもそも、原始仏教のように「山に篭って修行しなさい」では、近代社会と言うのは成立し無い訳で、近代資本主義社会が成立するには「日常生活こそが仏道である」(世俗ない禁欲)と言う考え方の転換が必要になってくるのだと。
    市川さんはこのあたりの考えについてはどのようにお考えでしょうか?

    • 市川隆久 より:

      日本太郎さん、おはようございます。
      「職分即仏道」というのは、とてもおかしな考え方です。職を持つということは現世に留まっているということで、仏教の理想に反します。近代社会云々をするまえに、現実社会を仏教の教義で律するということがそもそも無理です。

      日本の組織は「家」です。これは古代の稲作農耕から起こったと私は考えています。「家」という組織に所属し、「自分の役目を果たす」のが日本人です。この考え方が「誠」につながっています。家は農耕集団で、神道の氏子とつながっています。今の日本企業の社員の行動を家と誠という視点で見ると、よく分かると思います。

      教育勅語や軍人勅諭といった明治になって作った規範が日本を近代国家にしたのではなく、古代からある誠を近代社会に則して解釈したのが教育勅語です。

  3. 日本太郎 より:

    おはようございます。
    >近代社会云々をするまえに、現実社会を仏教の教義で律するということがそもそも無理です。
    はい。原始仏教の理想を忠実に実行するとそうなると思います。
    ただ、大乗仏教の場合は、世俗に妥協したような面が、成立当初から見られたと思います。例えば、ナーガルージュナの「中観」思想と言うものがありますね。
    現実社会が素朴に実在すると考える視点(仮観)とそれらが実在しないと考える悟りの視点(空観)そして、物事は「仮に」「機能として」存在しているという「中観」
    この中観と言う考え方によって、日本人が「現実」なるものに対して程よい距離感を取ってきたことは、ある意味ではよかったのではないかと思います。
    逆に、戦前の日本では、廃仏毀釈によってバランスが崩れ、余りにも神道の「神話的」世界観や国家論を絶対視し過ぎたという面もあったかと思います。

    >教育勅語や軍人勅諭といった明治になって作った規範が日本を近代国家にしたのではなく、古代からある誠を近代社会に則して解釈したのが教育勅語です。

    私も「そうなのだろうな」と思います。
    軍人勅諭の倫理は、軍隊を近代化し、戦後は復員兵が主体となって軍隊の論理で企業組織を作り上げ軌跡の復興を成し遂げたといわれていますが、これもありえることだろうと思います。
    勿論、軍人勅諭の倫理の背景には、古来から続く「誠の精神」と言うものがあったのでしょう。
    最近、「パワハラ問題」が話題になっていますが、軍人勅諭には「先輩はあくまで仕事のときのみ必要な威厳を発揮して、プライベートでは後輩に穏やかに優しく接しなさい。後輩も上下の区別をわきまえて、神様に仕えるように上官に仕えなさい。しかし階級が上だからと言って横柄に振舞い、集団の和を乱すものは亡国の徒であるぞ」と言うようなことが書いてあります。
    (以下軍人勅諭から引用)人は禮儀を正くすへし凡軍人には上元帥より下一卒に至るまて其間に官職の階級ありて統屬するのみならす同列同級とても停年に新舊あれは新任の者は舊任のものに服從すへきものそ下級のものは上官の命を承ること實は直に朕か命を承る義なりと心得よ己か隷屬する所にあらすとも上級の者は勿論停年の己より舊きものに對しては總へて敬禮を盡すへし又上級の者は下級のものに向ひ聊も輕侮驕傲の振舞あるへからす公務の爲に威嚴を主とする時は格別なれとも其外は務めて懇に取扱ひ慈愛を專一と心掛け上下一致して王事に勤勞せよ若軍人たるものにして禮儀を紊り上を敬はす下を惠ますして一致の和諧を失ひたらんには啻に軍隊の蠧毒たるのみかは國家の爲にもゆるし難き罪人なるへし(引用終わり)

    • 市川隆久 より:

      大乗仏教には、「中観派」「唯識派」「如来蔵思想派」の三つのグループがあります。一般的に「中観派」と「唯識派」は良く知られており、高校の教科書でもこの二つを説明しています。

      「中観派」の教義に基づいている宗派は存在しません。「唯識派」は唐代の支那ではある程度影響力がありましたが、日本では「法相宗」という弱小宗派で日本人の発想に対してほとんど影響力を持っていません。

      日本の大乗仏教は「如来蔵思想」なのです。天台宗、真言宗、浄土宗、浄土真宗、法華宗、創価学会、立正佼成会など全て如来蔵思想です。如来蔵思想と中観派の考え方はまるで違います。大乗仏教は仰るように世俗と妥協した宗教ですが、その妥協の仕方がそれぞれまるで違うのです。

      従って、残念ですが中観派の発想で日本人の行動を論じることは無理があると考えます。

  4. 日本太郎 より:

    なるほど。勉強になります。

    現代の日本人の多くは「無意識的に」如来蔵思想によって考えたり、行動していると言うことですね。

    如来蔵思想とは「あらゆる現実は真如の現われ」と言う考え方であり、区別は本来無いと言う発想をするようです。
    それがプラスの方面に作用すれば、「みんな仲良し」と言うことになるでしょうね。
    ネガティブに作用すれば「悪平等」と言うような状況になるかもしれませんね。

  5. 日本太郎 より:

    ところで如来蔵思想とは「全く害悪しかない」思想なのでしょうか?
    確かに、職場や学校の悪平等や、陰湿ないじめなどの背景にも「如来蔵思想の絶対平等の考え方」が関係しているような気もします。
    もし、この思想が「害悪しか齎さない」のであれば、早急に意識化して廃棄すべきでしょうね。
    或いは、この思想が日本人に広く受け入れられたという事は何か日本人の心の琴線に触れるものがあったのでしょうか。

    • 市川隆久 より:

      仏教は出家の宗教ですから、俗世と交わらずに修行をしていれば、仏教は人間のニーズに応じることができます。日本でもかつては仏教は俗世に口を出しませんでした。神道は現世の宗教なので、お互いに棲み分けていたのです。幕末の騒乱に参加した神道家は大勢いましたが、僧侶はいませんでした。

      明治になってFreedomとEqualityという現世の権利に自由と平等という仏教用語を訳語にあてはめたために、大乗仏教の発想が現世に入り込んだのです。昔のように神道と仏教の住み分けが必要です。1300年以上も続いた大乗仏教の伝統を破棄することなど不可能ですし、せっかくの精神的な慰めを日本人から奪うことになってしまいます。

  6. 日本太郎 より:

    分からないこともないのですが、中々そう簡単に割り切れないんじゃないですかね。日蓮などは存命中から政治に口出しをしていたし、一向一揆も、現世の権力に挑戦しておりました。
    たまたま、織田信長や徳川幕府と言う現世の権力に破れてしまったので、「一時的に大人しくなった」のであり、仏教にシンパシーを感じるものからすると「あの世もこの世も仏教で理解したい」と言うのが本音ではないでしょうか?
    (これは神道家の場合でも同じでしょう)