アメリカのFreedomを変えたのは社会主義

アメリカは建国以来、キリスト教を信仰しFreedomを大事にしてきました。アメリカ史上でFreedomに関係する事件と言えば、南北戦争(1861年~1865年)の結果、黒人奴隷制度が廃止されたことです。

イエス・キリストを信じないと、神様はその人間の心を正しくせず邪悪なままに放置します。そのような異教徒は強制的に正しいことをさせなければならない、というのがFreedomの考え方です。だから異教徒の黒人を奴隷にしたわけです。

それではアメリカに来てからキリスト教徒になった黒人はどうすべきか、ということが問題になってきます。そこで黒人奴隷賛成派が持ち出したのが「予定説」です。その人間の運命や考え方を神様はその人間が生まれる前にあらかじめ決めていて人間はそれを変えられない、という説が予定説です。努力しても結果は変わらないのです。

神様は黒人が生まれる前にあらかじめ、イエス・キリストを信じることが出来ない人間として作った、というわけです。だから黒人の心は邪悪なままであり、奴隷にするしかないのです。この説は一見トンデモ説のように見えますが、キリスト教の教義を突き詰めると、予定説は理論的に成り立ちます。

南北戦争の結果、黒人奴隷の制度は廃止されました。しかしこれは表面的なことに過ぎず、黒人に対する差別はその後も残りました。Freedomの考え方はこの戦争によっても大きく変わらなかったので、人種差別はその後も健在だったのです。

20世紀初頭の日露戦争後に、アメリカは日本人移民を排斥しましたが、これもFreedomの考えに基づく人種差別です。この事件は、日本とアメリカが戦争をした原因の一つです。

結局、アメリカ人のFreedomに対する考え方に影響を及ぼしたのは、社会主義です。第一次世界大戦中にロシア革命が起こり、世界中で社会主義が流行り、アメリカもその影響を受け、またソ連は、アメリカで社会主義が普及するように積極的に工作活動を行いました。

アメリカ人のFreedomに対する考え方が徐々に変わってきて、1960年代になって、黒人の参政権が認められるようになりました。そして、公の場で黒人を差別してはならない、という風潮が強くなっています。しかし、市民レベルでの人種差別はいまだに強いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする