南部は、北部の文化の押し売りを嫌がって、南北戦争を起こした

アメリカ人の多くはイエス・キリストを信じています。だから神様によって自分の心は正しくされている、と信じています。自分が正しいと思っているから、相手と意見が合わないと相手が悪いと思い、すぐに喧嘩をします。アメリカは独立以来100回以上も戦争をしています。このことは前回も書きました。

実は、アメリカ国内でもこのような理由で戦争をしています。これが南北戦争(1861年~1865年)です。

北部の諸州は、イギリスで迫害された熱心なプロテスタントがアメリカに移住してできた植民地が発展したものなので、非常に信仰熱心です。ところが南部諸州は、イギリス王がお気に入りの家来に領土として与えた植民地などからスタートしているので、信仰的には北部ほど厳格ではありません。南部と北部とではキリスト教に対する態度が少し違うのです。

北部の移住者は家族で農業を行っていたので、奴隷労働を必要としていませんでした。だから北部諸州は、白人キリスト教社会には異質の黒人奴隷を、独立する前から禁止していました。しかし南部諸州では、黒人奴隷を使って大規模な綿花栽培農園を経営し、それをイギリスに輸出していました。

つまり、北部と南部は宗教的な違いの上に、社会構造や黒人奴隷の有無などの違いが重なり、かなり文化的な違いが出てきました。19世紀半ばには、北部はFreedomの考え方から産業革命が進展し、移民も増えたため、経済的・政治的に南部を圧倒するようになりました。

・                                  北部    南部
戦争直前の白人人口   2200万人  550万人
戦争直前の黒人人口    40万人  350万人
鉄道マイル数       21,800       8,800

このまま推移したら、北部は南部に対して自分たちが正しいと考えることを強制することになりそうでした。そこで南部諸州は、自分たちの文化を守ろうとしてアメリカ合衆国から離脱して、独自の国家(アメリカ連合国)を作りました。

人口や生産力を冷静に判断したら、南部が北部に勝てるわけがありません。南部には黒人が多くいましたが、奴隷の彼らを兵士にするわけにはいきません。兵器を手にしたら、彼らは反乱を起こすかもしれないからです。負けると分かっていても、彼らは戦争の道を選びました。それほど北部を嫌っていたわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする