子供のころに感じた疑問は大切である

大東亜戦争後の現代の社会を、宗教という視点から読み解いて行こうと、私は考えています。

私が高校に入ってから50年以上経っています。私の父親は徴兵されて兵隊になっていますし、母親は敗戦直前の東京大空襲を経験しています。だから、私の両親の経験も含めれば、戦後の75年間は自分自身が生きて経験している時代なのです。

「自分で経験しているのだから、私の言うことに間違いはない」などと、主張する気はありません。むしろその逆で、「あの時は何にも分からなかった。私だけでなく、周囲の大人も本当のことを知らされていなかったなあ」という思いがたくさんあります。

例えば、1960年安保がそうです。このとき私は小学生に入ったところでしたが、ものすごい数のデモ隊が国会を取り囲んでいる有様をテレビで見ていました。私は、一緒にテレビを見ていた大人たちに、「なぜデモ隊は安保に反対しているのだ」と聞いてみましたが、大人たちもその理由が分からないようでした。当時テレビがない家の人は、隣の家にテレビを見に来たのです。

私は長い間、なぜ学生や大人たちが安保にあれだけ激しく反対したのか、岸信介首相がなぜデモ隊に屈しなかったのか、という疑問を胸の中で温め続けていました。後に小室直樹が、「学生運動の指導者たちは、誰一人として安保条約を読んでいなかった」と書いているのを読んで、永年の疑問が晴れました。

当時、小室直樹はアメリカに留学していたのですが、安保反対運動の学生指導者たちが訪米したので、小室直樹が彼らに会って、安保に反対する理由を聞いたところ、彼らが安保条約を読んでおらず、中身をまるで理解していないことを知って愕然としたのです。

学生運動の指導者たちは、社会主義に染まっていたため、A級戦犯だった岸信介がやることだから悪いことに違いない、と思い込んでいたのです。また、その相手がアメリカ帝国主義なので、安保を改正したら日本はまた戦争をすると思ったのです。1960年の安保条約の改正は、敗戦直後の条約を日本に有利なように改正したものだったので、条文をまじめに読めば、あのような反対運動は起きなかったはずです。

子供というのは意外に鋭いもので、納得できないことを無理やり自分に納得させるという大人の知恵がありません。子供時代に「何か変だ。ウソがある」と感じたことの多くは、実際に変なのです。実際に体験したことが貴重なのは、このような「何かがおかしい」という感覚ができるからです。

私が子供のころに「何かがおかしい」と感じたことを、次回以後もいくつか紹介したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする