日本共産党員も獄中転向し、非マルクス系の社会主義者になった

前回まで昭和初期に軍人が非マルクス系の社会主義化したことを書きましたが、これからマルクス系の社会主義者だった日本共産党員までもが、非マルクス系の社会主義者になった、という話をします。

マルクス系の社会主義は民族や国家というものを認めず、全世界は統一されるべきだと考えます。世界中の社会主義の中心であるモスクワの指示に各国の社会主義者は従えばよいのです。こういう理屈で、日本共産党はモスクワの指示通りに動いていました。

日本の特殊事情などまるで知らないモスクワの指示に従ったために、日本共産党(戦前は非合法だった)は警察から徹底的に弾圧され、組織は壊滅し党員は逮捕され収監されました。収監された共産党員は獄中で反省し、日本式の社会主義を模索し始めました。つまりモスクワの出張所にすぎない日本共産党を脱退し、日本的な価値観を受け入れた社会主義を目指したのです。

獄中の社会主義者が日本共産党との決別を宣言することを「転向」と言います。以後は普通の人になったかのような印象を受けますが、実際はマルクス系の社会主義から非マルクス系の社会主義に乗り換えた者が大部分です。

例えば、赤松克麿という共産党の幹部が獄中で転向しました。出所後彼は「日本社会主義研究所」を作りました。その主張は下記のように、国家と天皇制の必要を認めているので、非マルクス系の国家社会主義です。
国家は必要であり、天皇制は日本に適している
私有財産を廃止し、生産手段は国有化すべき
資源を持つ国は、資源がない国に門戸を開放すべきである

昭和7年には、日本共産党最高幹部の佐野学と鍋山貞親が獄中で転向しました。コミンテルンの主張は日本人に合わなかったからです。二人の最高幹部が転向したので、獄中の共産党員の多くも転向しました(約1800人中600人)。

また民政党などの既成政党から飛び出して非マルクス系の社会主義運動をする者もでてきました。さらには官僚も非マルクス系の社会主義に染まっていきました。

以下はひと続きのシリーズです。

4月4日 右翼・左翼という言葉を使うと、現実が分からなくなる

4月7日 私有財産の否定は社会主義の条件ではない

4月9日 二つの大戦の間、多くの国が社会主義化した

4月11日 社会主義もFreedomから生まれた

4月14日 社会主義は独裁を志向する

4月16日 アメリカが石油を禁輸したから戦争になった、というのは説明になっていない

4月18日 英米は、歴史的に仲が悪かった

4月21日 ソ連の工作機関が、アメリカを戦争に誘導していった

4月23日 昭和初期には「間抜け」が大勢いた

4月25日 「右翼」「革新派」の多くは社会主義者だった

4月28日 ウィルソン大統領はソ連を助けた

4月30日  アメリカ嫌いの日本人が増えてきた

5月2日 日本は社会主義思想への対応を誤った

5月5日 金本位制復帰も、日本が社会主義化する大きな要因だった

5月7日 青年将校は急激に社会主義化した

5月9日 反乱を起こした青年将校は、社会主義者を指導者に仰いでいた

5月12日 ソ連が出した大金が、日本の軍人に渡った

5月14日 陸軍主流が、ソ連容認派になった

5月16日  国民は政党を見放し、軍人を支持した

5月19日 軍の幹部も社会主義化した

5月21日 日本共産党員も獄中転向し、非マルクス系の社会主義者になった

5月23日 天皇制を認めれば、社会主義を信奉してもOKになった

5月26日 ソ連のスパイが、近衛首相に政策提言をしていた

5月28日 近衛文麿は、多重人格者だった

5月30日 ソ連のスパイの尾崎秀実は、支那事変拡大を煽り立てた