軍の幹部も社会主義化した

これから、陸軍の内部で社会主義がどれほど広がっていったのかを具体的に見ていきます。
下記は、軍隊内部で社会主義的言動を行って摘発された件数です。
1929年:400件 1931年:1905件 1932年:2437件

これらの大部分はコミンテルンの工作員が仕掛けたことではなく、青年将校が社会主義的な発想に染まった結果と考えられます。

陸軍の組織には二つの中心があります。参謀本部は作戦を企画し、各軍に対してとるべき軍事行動を命令する部門です。陸軍省は、軍隊の行政を行います。例えば、戦争に必要な人員を集め、兵器や装備・兵糧などの物資を調達し、予算を確保します。戦争に必要な人的・物的資源を確保するのが陸軍省の仕事なのです。

陸軍省の最重要部署が軍務局で、局長はソ連から流れてきた金を受け取った永田鉄山少将でした。永田は部下の池田純久少佐を東大の経済学部に国内留学させましたが、当時の経済学部はマルクス経済学が盛んでした。そのために池田は社会主義に染まったようです。

1934年に池田純久少佐が、『国防の本義と其強化の提唱』という論文を作成しました。その主張は次の通りです。

階級的対立があったら国防上問題が起きる
国民は利己的個人主義的経済観念より脱却するべき
道義に基づく全体的経済観念を覚醒すべきである
これはまさに社会主義の主張です。

また永田鉄山は、「政治的非常事変勃発に処する対策要綱」という文書も作成しています。これは、軍人がクーデターを起こしたときにどのように対処すべきかをまとめたもので、まるで2年後に起きる2・26事件をあらかじめ想定したようにも思えるほどです。その内容は、下記です。

既成政党の解散
衆議院の職業代表中心への改組
銀行・大企業の国営
土地の国有を行い、統制経済を実施する

これも社会主義政策です。社会主義政策を主張したのは、青年将校だけでなく、軍の幹部も同じだったのです。

以下はひと続きのシリーズです。

4月4日 右翼・左翼という言葉を使うと、現実が分からなくなる

4月7日 私有財産の否定は社会主義の条件ではない

4月9日 二つの大戦の間、多くの国が社会主義化した

4月11日 社会主義もFreedomから生まれた

4月14日 社会主義は独裁を志向する

4月16日 アメリカが石油を禁輸したから戦争になった、というのは説明になっていない

4月18日 英米は、歴史的に仲が悪かった

4月21日 ソ連の工作機関が、アメリカを戦争に誘導していった

4月23日 昭和初期には「間抜け」が大勢いた

4月25日 「右翼」「革新派」の多くは社会主義者だった

4月28日 ウィルソン大統領はソ連を助けた

4月30日  アメリカ嫌いの日本人が増えてきた

5月2日 日本は社会主義思想への対応を誤った

5月5日 金本位制復帰も、日本が社会主義化する大きな要因だった

5月7日 青年将校は急激に社会主義化した

5月9日 反乱を起こした青年将校は、社会主義者を指導者に仰いでいた

5月12日 ソ連が出した大金が、日本の軍人に渡った

5月14日 陸軍主流が、ソ連容認派になった

5月16日  国民は政党を見放し、軍人を支持した

5月19日 軍の幹部も社会主義化した

5月21日 日本共産党員も獄中転向し、非マルクス系の社会主義者になった

5月23日 天皇制を認めれば、社会主義を信奉してもOKになった

5月26日 ソ連のスパイが、近衛首相に政策提言をしていた

5月28日 近衛文麿は、多重人格者だった

5月30日 ソ連のスパイの尾崎秀実は、支那事変拡大を煽り立てた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする