大アジア主義のために、日本は支那からなめられた

支那は外国との間で取り決めた条約や協定を守ろうとしませんでした。その例はいくらでもありますが、ここでは済南事件を取り上げます。

1928年に蒋介石の軍隊と軍閥混成軍の間で戦争が起きそうになりました。両軍の日本人への略奪を警戒した日本は、3000の日本軍を済南市に派遣しました。結局戦争にならず、蒋介石は軍を済南市に入れようとしました。そして蒋介石は、日本人の安全を保障すると約束したうえで、日本軍の退去を求めました。

そこで日本軍は蒋介石を信用して退去しましたが、その後に蒋介石軍が日本人に襲いかかりました。日本人の居留民は略奪を受け、14人が殺害され、他にも多数が強姦されました。そこで日本軍は引き換えし、10倍以上の蒋介石軍を追い払いました。

このように支那は国家間の約束やルールを守ろうせず、まともな国家などではありませんでした。支那に国際的な取り決めを守るまともな国家がないという事実は、今も変わりません。

支那はWTOに加盟しているので知的財産権を守る義務があるのですが、ご存じのように外国の技術や商標権を無断で使い放題にしています。さらにハッキング行為を行って先端技術を盗んでいます。

また支那に工場を作る外国企業には技術の移転を強要したり、海外への送金を許さなかったり、工場を閉鎖する際には、法律に定めがない罰金を課したり、解雇される従業員に法外な退職金を要求したりしています。皆さんは、支那がこのような不正なことを現在行っていることを承知していると思いますが、これよりはるかにひどいことを戦前に行っていたのです。

支那には、今も昔もまともな国家がありません。そして外国人に不当なことを盛んに行っていました。これに対してイギリスやアメリカなど欧米の列強は、Freedomの考え方で対処していました。すなわち、イエスと同じ正しい心を持たない野蛮人は、力で抑えつけなければならないという態度をとったのです。

ところが日本人の場合、共に連携して欧米に対抗しようという大アジア主義が根底にあります。そのために支那の横暴に対して、一方で激怒しながら、もう一方で仲良くしようという何とも煮え切らない態度をとったのです。こういう甘い態度で支那からなめられ、終には大東亜戦争に繋がっていったのです。

以下はひと続きのシリーズです。

4月7日 支那人は、けた違いに危険な民族である

4月8日 支那は、自由貿易のルールに違反してばかりいる

4月9日 支那の国有企業が民営化すれば、共産党政権が崩壊し、伝統文化が傷つく

4月10日 アメリカは、支那の洗脳工作に気づいた

4月11日 支那の伝統を破壊するまでは、アメリカの目的は達せられない

4月12日 アメリカのスーパー301条は、邪悪な者には自由を認めない、という法律

4月13日 支那潰しは、トランプの個人的な趣味ではない

4月14日 日本は未だに、支那の危険性に気がついていない

4月15日 支那との付き合いが短い国が、支那の危険性に目覚めている

4月16日 日本は、白村江の敗戦で支那の脅威を実感した

4月17日 支那の皇帝陛下は、日本の天皇陛下に手紙を出せない

4月18日 江戸時代の日本人は、支那を「聖人の国」だ、と誤解した

4月19日 支那では、仏教はとっくに衰退している

4月20日 大アジア主義は、前提条件が間違っている

4月21日 明治時代の多くの日本人は、大アジア主義者だった

4月22日 支那にまともな国家があったのか

4月23日 支那は、自国民も外国人も守ろうとせず、略奪をする

4月24日 大アジア主義のために、日本は支那からなめられた

4月25日 経済界は、大アジア主義に汚染されている

4月26日 大アジア主義は、江戸時代の社会体制を前提として考え出された

4月27日 日露戦争後も、大アジア主義は健在だった

4月28日 伊藤博文や山県有朋は大アジア主義を疑っていた

4月29日 大正になって、維新を成し遂げた元勲が死に絶えた

4月30日 第一次大戦後、日本を取り巻く環境が激変した

5月1日 外務大臣が、英米のFreedomの原則を理解していなかった

5月2日 日本は、最悪のタイミングで金本位制を再開した         

5月3日 金解禁によって日本は恐慌になり、国民は政党を信用しなくなった

5月4日 世界中で社会主義の人気が高まった

5月5日 陸軍の軍人は、大アジア主義者だった

5月6日 満州事変以後、軍人たちは中央の言うことを聞かなくなった

5月7日 元老、重臣、財閥、官僚、政党政治家は、みんな悪党だ

5月8日 軍人が行ったテロから、日本人は「赤穂浪士の討ち入り」を連想した

5月9日 二・二六事件の後、日本は大アジア主義になった

5月10日 満州は支那の一部ではない

5月11日 軍人は、大アジア主義の発想から、支那本土で軍事作戦を行った

5月12日 日本軍が支那本土で軍事作戦をしたために、アメリカとの関係が悪化した

5月13日 大アジア主義の要約

5月14日 大アジア主義は今も健在である

5月15日 日本のマスコミが本当のことを伝えない背景には、大アジア主義がある

5月16日 日本人は、大アジア主義の幻想から醒めなければならない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする