支那の皇帝陛下は、日本の天皇陛下に手紙を出せない

663年、日本は支那と新羅の連合軍と白村江で戦い、大敗北しました。そして唐は戦勝の余勢を、駆って日本に攻め込み征服しようとしていました。これに対抗して、大和朝廷は独立を維持しようとして、体制を大改革しました。

律令制度を採用して、中央集権化を図りました。また対外的には、国名を「日本」に変えました。従来の「倭」は支那の皇帝に冊封された国だったので、「それとは違う」と主張したかったのかもしれません。また、君主の称号を「天皇」と呼ぶことで、支那と日本が対等であることを主張しました。天皇という称号は皇帝と対等な称号なのです。

白村江の戦いより前に、聖徳太子は隋の煬帝に「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙なきや」という手紙を送りましたが、天皇という称号は使用していなかったようです。白村江の敗戦後の680年頃に、天武天皇が天皇の称号を使いだしました。

日本が天皇の称号を公式に採用すれば、唐が日本に攻め込む可能性が高まります。支那の皇帝制度からすれば、皇帝は地上に一人しかいないはずであり、天皇という称号を使用することは、皇帝へ挑戦することだからです。大敗北の後に、日本は非常に大胆な戦略を採りました。

結局、唐は日本に攻め込まず、それ以後現在まで、日本は天皇という称号を使い続けています。支那の皇帝陛下からすれば、建前から日本の天皇陛下を討伐しなければなりません。しかしそれも大ごとなので、天皇陛下を無視するしか方法がなくなりました。

支那の皇帝陛下が日本の天皇陛下に何か用事があれば、手紙を書かなければなりません。その時に宛名を「日本国 天皇」と書くことは、支那の皇帝制度に反するのでできません。「日本国王」と書けば、日本はその手紙を受け取りません。支那の皇帝陛下は、日本の天皇陛下に手紙を出せなくなったのです。これは要するに、両国の間に国交がなくなったということです。

元のフビライ皇帝は、日本に手紙を書き、朝貢するように促しました。その手紙の宛名が「日本国王」だったので、日本は「手紙の宛名が間違っている」と言って受け取りを拒否しました。それでも元が同じ内容の手紙を何度も送ってきたので、うるさくなった鎌倉幕府は使者を殺しました。そこでフビライが怒り、元寇が起きました。

以下はひと続きのシリーズです。

4月7日 支那人は、けた違いに危険な民族である

4月8日 支那は、自由貿易のルールに違反してばかりいる

4月9日 支那の国有企業が民営化すれば、共産党政権が崩壊し、伝統文化が傷つく

4月10日 アメリカは、支那の洗脳工作に気づいた

4月11日 支那の伝統を破壊するまでは、アメリカの目的は達せられない

4月12日 アメリカのスーパー301条は、邪悪な者には自由を認めない、という法律

4月13日 支那潰しは、トランプの個人的な趣味ではない

4月14日 日本は未だに、支那の危険性に気がついていない

4月15日 支那との付き合いが短い国が、支那の危険性に目覚めている

4月16日 日本は、白村江の敗戦で支那の脅威を実感した

4月17日 支那の皇帝陛下は、日本の天皇陛下に手紙を出せない

4月18日 江戸時代の日本人は、支那を「聖人の国」だ、と誤解した

4月19日 支那では、仏教はとっくに衰退している

4月20日 大アジア主義は、前提条件が間違っている

4月21日 明治時代の多くの日本人は、大アジア主義者だった

4月22日 支那にまともな国家があったのか

4月23日 支那は、自国民も外国人も守ろうとせず、略奪をする

4月24日 大アジア主義のために、日本は支那からなめられた

4月25日 経済界は、大アジア主義に汚染されている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする