支那潰しは、トランプの個人的な趣味ではない

トランプ大統領になってからアメリカの支那潰しが始まったので、トランプ政権の性格からこの政策が生まれたと思っている人も多いようです。しかし実際は、アメリカの世論全体が支那潰しをトランプ大統領に要求しています。

このことは、普段はトランプさんの悪口をもっぱら書いている新聞やテレビも、支那を激しく非難していることから分かります。従来は支那に優しかった民主党も、支那に厳しくなっています。連邦議会などは、トランプさん以上に支那に厳しい態度をとるようになりました。

もともとアメリカは、支那にいた宣教師の非常に偏向した考え方にミスリードされて、伝統的に支那びいきでした。しかし支那人の実態が少しずつアメリカ人にも分かるようになってきたのです。

その反支那の気分を抑えていたのが、クリントン夫妻やオバマ前大統領のような民主党の大幹部だったのです。クリントン夫妻は、クリントン財団という表向き慈善目的の団体を作っていたのですが、その収入の1割程度しか慈善に支出せず、残りはポケットに入れていました。

支那政府は、クリントン財団に巨額の献金をしていました。夫のビル・クリントンがアーカンソー州知事の時代からのことなので、40年以上にわたり支那は、クリントン夫妻を買収し続けていたわけです。

オバマ前大統領の国務長官だったヒラリー・クリントンは、機密の漏れやすい私的メールを公務に使ってはならないという法律に違反して、公務の連絡に私用メールを使っていました。それは、彼女がアメリカの国益に反して支那の便宜を図っていたことを、政府に知られないようにするためでした。

2016年の大統領選挙の時に、彼女に対立した候補が不正使用問題を取り上げて騒いだのはこういう理由からです。もしも彼女が2016年の大統領選挙で当選したら、アメリカ史上最大の疑獄事件になったでしょう。トランプ大統領は今の所この問題を取り上げていません。民主党をやっつける一番良いタイミングに、この問題を表ざたにするつもりなのではないでしょうか。

以下はひと続きのシリーズです。

4月7日 支那人は、けた違いに危険な民族である

4月8日 支那は、自由貿易のルールに違反してばかりいる

4月9日 支那の国有企業が民営化すれば、共産党政権が崩壊し、伝統文化が傷つく

4月10日 アメリカは、支那の洗脳工作に気づいた

4月11日 支那の伝統を破壊するまでは、アメリカの目的は達せられない

4月12日 アメリカのスーパー301条は、邪悪な者には自由を認めない、という法律

4月13日 支那潰しは、トランプの個人的な趣味ではない

4月14日 日本は未だに、支那の危険性に気がついていない

4月15日 支那との付き合いが短い国が、支那の危険性に目覚めている

4月16日 日本は、白村江の敗戦で支那の脅威を実感した

4月17日 支那の皇帝陛下は、日本の天皇陛下に手紙を出せない

4月18日 江戸時代の日本人は、支那を「聖人の国」だ、と誤解した

4月19日 支那では、仏教はとっくに衰退している

4月20日 大アジア主義は、前提条件が間違っている

4月21日 明治時代の多くの日本人は、大アジア主義者だった

4月22日 支那にまともな国家があったのか

4月23日 支那は、自国民も外国人も守ろうとせず、略奪をする

4月24日 大アジア主義のために、日本は支那からなめられた

4月25日 経済界は、大アジア主義に汚染されている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする