アメリカのスーパー301条は、邪悪な者には自由を認めない、という法律

アメリカは自由貿易を標ぼうしており、WTO(自由貿易を促進する国際機関)にも加盟しています。そのアメリカが昨年、支那からの輸入品に対して、WTOが定めた低い関税率の適用を拒否し、10%~25%の高い関税を課しました。

アメリカは、支那との貿易に関しては、自由貿易の原則を適用しないことにしたわけです。このアメリカの態度は、何であれFreedom(自由)を大切にするアメリカの考え方と矛盾するのではないか、という疑問が沸いてきます。実はアメリカのこのやり方は、自由を原則に掲げながら黒人奴隷を合法としたり、大東亜戦争が始まると日系人を強制収容所に閉じ込めたりした考え方と、共通しています。

このような二面性が、キリスト教の信仰から来たFreedomの特長です。キリスト教は、人間の心の中には欲望が渦巻いているために、神が定めた律法を守ることができないと考えています。しかし人間がイエスを信じれば、イエスはその人物を神様に推薦します。

すると、神はイエスから推薦を受けた人間に息を吹きかけて、自分の心の一部をその人物の心に付着させるのです。その結果、その人物の心が正しくなります。彼はどういう状況においても正しい判断が出来るので、自由にさせても問題がありません。

しかしイエスを信じない人間の心は邪悪なままなので、野放しにすることは危険です。そこでそのような邪悪な人物には自由を認めず、強制的に教育をしなければなりません。

黒人を奴隷にして強制的に労働をさせ、日系人を強制収容したのには、このような理論的背景があります。同様にアメリカが支那人に対して自由に貿易させるのを拒否したのも、支那人の心が邪悪だと判断したからです。

昨年、アメリカが支那に対して高関税を課した根拠は、アメリカの通商法が規定するスーパー301条です。この条文には、「貿易相手国の不公正な取引慣行に対しては、高関税を課すことが出来る」と書かれています。

支那人はイエスを信じない邪悪な者たちだから、彼らには自由を認めない、ということなのです。日本人の多くはアメリカ人のFreedomの考え方を理解していないので、スーパー301条の規定を「強者が身勝手なことをしている」とだけ思っています。

以下はひと続きのシリーズです。

4月7日 支那人は、けた違いに危険な民族である

4月8日 支那は、自由貿易のルールに違反してばかりいる

4月9日 支那の国有企業が民営化すれば、共産党政権が崩壊し、伝統文化が傷つく

4月10日 アメリカは、支那の洗脳工作に気づいた

4月11日 支那の伝統を破壊するまでは、アメリカの目的は達せられない

4月12日 アメリカのスーパー301条は、邪悪な者には自由を認めない、という法律

4月13日 支那潰しは、トランプの個人的な趣味ではない

4月14日 日本は未だに、支那の危険性に気がついていない

4月15日 支那との付き合いが短い国が、支那の危険性に目覚めている

4月16日 日本は、白村江の敗戦で支那の脅威を実感した

4月17日 支那の皇帝陛下は、日本の天皇陛下に手紙を出せない

4月18日 江戸時代の日本人は、支那を「聖人の国」だ、と誤解した

4月19日 支那では、仏教はとっくに衰退している

4月20日 大アジア主義は、前提条件が間違っている

4月21日 明治時代の多くの日本人は、大アジア主義者だった

4月22日 支那にまともな国家があったのか

4月23日 支那は、自国民も外国人も守ろうとせず、略奪をする

4月24日 大アジア主義のために、日本は支那からなめられた

4月25日 経済界は、大アジア主義に汚染されている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする