「 国は悪いことをするという考え方 」一覧

賄賂を受けとらなければ、政治家の役所への口利きは問題がない

賄賂を受けとらなければ、政治家の役所への口利きは問題がない

賄賂を受け取ったか否かに関わらず、政治家が請願を受けてはならないと主張することは、憲法が保障した権利を否定することであり、とんでもない行為なのです。朝日新聞のしていることは、デモ行進を否定しているのと同じことで、日本を壊そうとする行為です。

森友学園の発端は、朝日新聞が教育勅語にケチをつけたこと

森友学園の発端は、朝日新聞が教育勅語にケチをつけたこと

教育勅語の内容は、西欧近代社会の考え方と矛盾するものではありません。この勅語は敗戦後のどさくさの時に廃止されましたが、その内容の合理性のゆえに今でもファンが大勢います。朝日新聞は教育勅語を嫌いなのでしょうが、これを尊重する者を変人扱いするというのは、教養のない証拠であると思います。

財務省の公文書改ざんによって、森友問題が大ごとになってきた

財務省の公文書改ざんによって、森友問題が大ごとになってきた

財務省が公文書を改ざんしたことによって森友学園事件騒動が再び脚光を浴びる様になり、マスコミが偏向報道を繰り返しているので、阿部内閣の支持率が下がっています。野党も張り切っているので、問題解決に時間がかかりそうです。

大乗仏教は、修行しなくても心の持ち方が立派であれば良い、と考える

大乗仏教は、修行しなくても心の持ち方が立派であれば良い、と考える

仏教はもともと、ものを持たず山の中で一人で暮らすという生活スタイルをきっちりと守る宗教でした。ところが日本に入ってからは、生活スタイルを守らなくても、「心の持ち方」さえ立派であれば良い、というように変わっていきました。