「 国は悪いことをするという考え方 」一覧

大乗仏教は、修行しなくても心の持ち方が立派であれば良い、と考える

大乗仏教は、修行しなくても心の持ち方が立派であれば良い、と考える

仏教はもともと、ものを持たず山の中で一人で暮らすという生活スタイルをきっちりと守る宗教でした。ところが日本に入ってからは、生活スタイルを守らなくても、「心の持ち方」さえ立派であれば良い、というように変わっていきました。