「 国は悪いことをするという考え方 」一覧

刑事事件の被告は、国家権力からいじめられている者

刑事事件の被告は、国家権力からいじめられている者

検察官は法務省の役人なので、国家権力の一端を担っている権力者と考えることができます。マスコミ関係者には、大乗仏教の発想に染まり「国家は悪いことをする」と思い込んでいる者が多くいます。そこで彼らからすると、刑事裁判で検察官から罪を追及されている被告は、国家権力から圧迫を受けている被害者だ、ということになります。

「国家は悪いことをする」という発想が「安倍政治を許さない」を生んだ

「国家は悪いことをする」という発想が「安倍政治を許さない」を生んだ

「国家は悪いことをする」という考え方は現実政治を観察して導き出した結論ではなく、大乗仏教の考え方から来た思い込みにすぎません。したがって「反安倍」に具体的な根拠が乏しく、彼らのスローガンである「安倍政治を許さない」というのは、単に彼が嫌いだということを表明しているだけです。

「国家は悪いことをする」と思い込んだ者たちは、テロ等準備罪に反対した

「国家は悪いことをする」と思い込んだ者たちは、テロ等準備罪に反対した

「テロ等準備罪」の規定は、277の組織的犯罪に限って適用されるもので、犯行の準備をした段階で逮捕できるという内容です。犯行に使う道具を用意したり、犯行予定場所を下見したりする行為が、「準備」にあたります。

マスコミは、「国家は悪いことをする」と思い込んでいる

マスコミは、「国家は悪いことをする」と思い込んでいる

大乗仏教では、現実社会は自分の欲望を抑えられない未熟な人間が集まってできているので、互いにものを巡って争っていると考えます。戦争や喧嘩などの争いは、ものに対する執着によって起きるので、どんな争いも悪いことなのです。

欧米人が考えていたのは、「国家は悪いことをする」ではなく、「権力者は悪いことをする」

欧米人が考えていたのは、「国家は悪いことをする」ではなく、「権力者は悪いことをする」

欧米の国家に対する考え方は、「国家は安全保障と治安をしっかりするために必要な組織だから強力でなければならない。その一方、権力者はすぐに悪いことをするから、憲法で監視しなければならない」ということです。