「 仏教 」一覧

大乗仏教が、神や仏を復活させた

大乗仏教が、神や仏を復活させた

大乗仏教は、俗人を相手とする宗教なので、修業をしなくても「苦」から逃れることができるという教義を作りました。修業しなくても神や仏が助けてくれるから、苦から逃れることができる、ということです。

仏教の目的は、苦を逃れること

仏教の目的は、苦を逃れること

自分が大事にしている「もの」は必ず無くなってしまうので、ものを大事にしているといつか必ず「苦」を感じることになります。「苦」から逃れるには、最初からものを持っていなければいいのです。

19世紀の西欧で仏教が流行った

19世紀の西欧で仏教が流行った

仏教は、キリスト教やイスラム教と比べてはるかに勢力が弱いのですが、それにもかかわらず世界の三大宗教のひとつに数えられています。それは、仏教が19~20世紀の西欧の思想界に大きな影響を与えたからです。

NO IMAGE

日本太郎さんへの回答

「どんな理由であれ、争いは良くない」と考える日本人が多いが、この発想は大乗仏教の教義から来ている、と私は書きました。これに対し昨日、日本太郎...