「 伝統を大切に 」一覧

大石内蔵助は御家の再興を最優先した

大石内蔵助は御家の再興を最優先した

譜代の家来の役目は、第一に事業体である大名家を存続させることであって、殿様個人の幸せを図ることではありません。殿様がバカ殿でこのままでは御家が取り潰される恐れがある時、筆頭家老などの重臣はそのバカ殿を始末して御家を保つことも役割の一つだと考えられていました。

移民による西欧の惨状

移民による西欧の惨状

西欧は、移民の資質をチェックせずに誰でも移民として受け入れたために、母国の言葉や習慣を保持したままの移民が増えてしまいました。また移民に自国の言葉と文化を教え、自国に愛着を持たせようという方策も採りませんでした。