今のままでは、日本は支那の宣伝戦に耐えられそうにない

今のままでは、日本は支那の宣伝戦に耐えられそうにない

日本では古くから支那の歴史書が読まれていました。特に江戸時代にはほとんどの武士が、儒教の本と共に『史記』や『資治通鑑』などを読んでいました。ところが日本人には宣伝戦の発想がないので、その部分に注目しませんでした。

アメリカと支那の冷戦がはじまると、支那が日本に仕掛ける宣伝戦はもっと激しくなる

アメリカと支那の冷戦がはじまると、支那が日本に仕掛ける宣伝戦はもっと激しくなる

尖閣諸島周辺で支那の軍艦(日本人は公船と呼んでいます)が領海侵犯を繰り返しているのも、宣伝戦の一種です。翁長沖縄県知事に米軍基地反対運動と沖縄独立運動をさせているのも、支那人です。翁長さんの娘の結婚相手は、支那の共産党幹部の息子なのです。

支那人の戦いは、宣伝戦である

支那人の戦いは、宣伝戦である

支那人夫婦が喧嘩をして夫が妻を殴ると、彼女は表に飛び出して隣近所に大声で、夫の悪事をあることないことすべてぶちまけます。まさに宣伝活動によって自分に有利な状況を作り出すのです。支那人とっては武器さえも宣伝材料で、昔の軍閥は音の大きな鉄砲を好みました。

支那は豊かになることによって自由な社会を作る、とアメリカ人は勘違いした

支那は豊かになることによって自由な社会を作る、とアメリカ人は勘違いした

アメリカ人にとって自由(Freedom)は、キリスト教の中心的な教義です。支那が経済的に豊かになることによって自由のありがたさを実感し、キリスト教の教えに基づいた公正な社会になる、と30年前にアメリカ人は勘違いしました。